『マレフィセント2』エル・ファニングの姿捉えた場面写真2点、オーロラ姫の“ピンクのドレス”が実写に

アンジェリーナ・ジョリーが主演を務める映画『マレフィセント2』より、エル・ファニング演じるオーロラ姫の場面写真2点が解禁となった。

マレフィセント

前作『マレフィセント』でフィリップ王子と結ばれたエル・ファニング演じる美しきプリンセスのオーロラ姫。本作では『眠れる森の美女』に登場したオーロラ姫の“ピンクのドレス”をイメージしたドレスが登場する。

アニメーション映画『眠れる森の美女』に登場し、美しい心を持ちいつか夢が叶うと信じているプリンセスのオーロラ姫。マレフィセントによって糸車の針に指を刺して死ぬという呪いをかけられるが、フィリップ王子のキスでロマンティックに目覚める。そんなオーロラ姫を象徴しているのが“ピンクのドレス”だ。

実はこのドレスは『眠れる森の美女』で重要なシーンに登場。マレフィセントの呪いが解けてフィリップ王子とダンスする幸せに溢れたラストシーンでは、美しく可愛さに溢れたピンクのドレスを身にまとっており、オーロラ姫と言えば“ピンクのドレス”を誰もがイメージするキーアイテムとなっている。

マレフィセント

そんなアニメーションで登場したピンクのドレスだが、本作では大人になったオーロラ姫に合わせて淡く美しいピンク色にバージョンアップして登場。実はエル・ファニングの強い希望により、ピンクドレスが登場することになったそうで「私たっての希望で『眠れる森の美女』の誰もが知るピンクのドレスを登場させたかったの。アニメーションで描かれたデザインに強くインスパイアされていて、とてもお気に入りよ」とエルは明かしている。

ピンクドレスの衣装を担当したエレン・マイロニックも「今回のピンクのドレスは、私たちも今まで見たことないほど美しくて本当に大好きなデザインになったわ。『眠れる森の美女』に登場したドレスのデザインに少しアレンジを加えて、ピンク色を少し薄くしてチュールに刺しゅうを施したの。襟の形は元のドレスの形と同じで、エル・ファニングの華奢で美しいデコルテがキレイに見えるようなデザインになっているのよ。」とデザインのこだわりを明かしている。

映画『マレフィセント2』は10月18日(金)全国ロードショー

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

マレフィセント2

マレフィセント2

--
2019/10/18 (金) 公開
出演
アンジェリーナ・ジョリー/エル・ファニング/ミシェル・ファイファー ほか
監督
ヨアヒム・ローニング