ティモシー・シャラメとセレーナ・ゴメスがホットなキス、『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』本編映像

7月3日(金)公開の映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』より、ティモシー・シャラメとセレーナ・ゴメスのキスシーンを捉えた本編映像が解禁となった。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
Photography by Jessica Miglio ©︎2019 Gravier Productions, Inc.

絶賛公開中の『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』でも、その美貌と圧倒的な存在感が話題を呼んでいる、ティモシー・シャラメ。本作では、ウディ・アレン監督をも彷彿とさせるモラトリアム男子ギャツビーを見事に演じ、映画業界関係者からは「彼のベストアクト!」とも称されている。歌手としてはもちろん、女優やモデルとしても人気を誇るセレーナ・ゴメス演じる<ツンデレな元カノの妹チャン>の憎らしくも愛らしい演技も、クラシックなロマンチック・コメディの本作ならではの大きな見どころだ。

解禁された本編映像では、ティモシー・シャラメ演じるギャツビーが、セレーナ・ゴメス演じる元カノの妹チャンと学生映画の撮影でキスするシーンが切り取られている。恋人のアシュレー(エル・ファニング)にランチの約束をすっぽかされたギャツビー(ティモシー・シャラメ)は、偶然街中で学生映画を撮影中の旧友と再会し、急遽エキストラとして参加することに。そこで紹介されたのは、なんとギャツビーの元カノの妹であるチャン(セレーナ・ゴメス)。

再会を懐かしむのも束の間、恋人がいるギャツビーは、チャンとのキスシーンに全く集中できない。<せっかくなら良い演技をしたい>チャンは、「緊張して口を閉じたままよ」と皮肉な台詞を投げかけ、ギャツビーは「通りがかりに頼まれただけで演技は未経験だ」と言い訳を返す。いよいよ3テイク目の撮影が始まると同時に、怪しかった雲行きの中、急に雨が降りだし、ロマンチックな雰囲気の中でキスシーンの撮影に成功。

チャンは「できるじゃないの。恋人には秘密ね」と超上から目線のツンデレな言葉をかけ、さらにアシュレーがアリゾナ出身なことについて「アリゾナを楽しんで。砂漠で迷子にならないでね」生意気なセリフを投げをかける。アシュレーがいるにもかかわらず、ホットなキスをしてしまったことにドギマギしながらも、必死な作り笑いで「水筒を忘れないよ」と返すギャツビーの表情は必見だ。

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は7月3日(金)より全国公開

(C)2019 Gravier Productions, Inc.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

レイニーデイ・イン・ニューヨーク

レイニーデイ・イン・ニューヨーク

3.7
2020/7/3(金) 公開
出演
ティモシー・シャラメ/エル・ファニング/セレーナ・ゴメス/ジュード・ロウ/ディエゴ・ルナ/リーヴ・シュレイバー ほか
監督
ウディ・アレン