玉城ティナ主演『地獄少女』着物&制服姿の閻魔あい、使い魔“三藁”のキャラビジュアル解禁

玉城ティナが主演を務める映画『地獄少女』のキャラクタービジュアルが解禁となった。

地獄少女

オリジナルテレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミカライズをはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、2.5次元舞台などと幅広く展開され、確固たる人気を博してきた「地獄少女」。

〈地獄通信〉サイトを通して依頼を受けたターゲットを地獄に送る地獄少女・閻魔あい役に玉城ティナ。閻魔あいの使い魔の“三藁”として、骨女役に橋本マナミ、一目連役に楽駆(らいく)、輪入道役に麿赤兒。地獄通信にアクセスし、地獄少女と契約する女子高生・市川美保役に森七菜、美保の親友・南條遥役に仁村紗和、アイドルの御厨早苗役にSKE48の大場美奈が扮する。監督は『貞子vs伽椰子』『不能犯』などで知られる白石晃士が務める。

地獄少女

キャラクタービジュアルは、閻魔あいと三藁の2種類。どちらもアニメ版との比較ができるようになっている。玉城ティナが演じた主人公・閻魔あいは、漆黒の着物姿、裾に極彩色の草花があしらわれ、帯には孔雀の羽が。畏怖するほどに美しくも禍々しいその立ち姿はまさに地獄少女そのもの。制服姿の閻魔あいの手には、この糸を解くと地獄送りの契約が成立する赤い糸が巻かれたわら人形が確認できる。

玉城本人は小学生の時に原作と出会い、好きな作品だとコメントしている。再現できる者はいないのでは?と危惧されたキャスティングだったが、玉城の名前が挙がるや、全員一致での決定となった。

地獄少女

もう一つ解禁されたキャラクタービジュアルは、地獄少女・閻魔あいに付き従う<三藁>たち。橋本マナミ演じる骨女は口裂けに片目なしと思わずゾッとしてしまうビジュアル。「極力人間性を排した演出」で更に際立つ色香が、恐ろしくも、切なく妖艶な骨女を作り上げた。刀の化身とされる一目連(楽駆)の、見据えられるとたじろぐほどの、鋭くも甘やかな視線と、そのノーブルで涼やかなビジュアル に息を飲む。

そして和服姿の老人にして、車輪の妖怪でもある輪入道は麿赤兒。プロデューサー、監督からの「最初からこの人しかいないと思っていた」と熱烈ラブコールの期待を上回る、迫力と存在感はさすがレジェンド。映画ではその舞踏的、躍動感あふれる立振舞いに注目だ。

映画『地獄少女』は11月15日(金)より全国公開

(C)地獄少女プロジェクト/2019 映画『地獄少女』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

地獄少女

地獄少女

3.0
2019/11/15(金) 公開
出演
玉城ティナ/橋本マナミ/楽駆/麿赤兒/森七菜/仁村紗和/大場美奈/森優作/片岡礼子/成田瑛基/藤田富/波岡一喜 ほか
監督
監督・脚本:白石晃士