映画『糸』にGENERATIONS片寄涼太が出演、菅田将暉「彼の心意気に感謝です」

菅田将暉と小松菜奈がW主演を務める映画『』に片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が出演していることがわかった。

糸

映画『』は、平成元年生まれの男女が出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を、「生活者の視点から見た平成史の変遷」とともに描きだす、壮大な愛の物語。主人公の男女を、菅田将暉と小松菜奈がそれぞれ演じる。共演に榮倉奈々、斎藤工、山本美月、倍賞美津子、成田凌、二階堂ふみ、高杉真宙、馬場ふみか、永島敏行、竹原ピストル、松重豊、田中美佐子、山口紗弥加らが名を連ねる。監督を、『64-ロクヨン- 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』などで知られる瀬々敬久が務める。

糸
『糸』片寄涼太 メイキング

GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルとして活躍し、近年では『兄に愛されすぎて困ってます』『PRINCE OF LEGEND』など俳優業でもその存在感を発揮、昨年末公開した『午前0時、キスしに来てよ』の大ヒットも記憶に新しい片寄涼太。そんな片寄が、今作で演じるのは、東京に上京してきた葵(小松菜奈)が出逢い、恋仲となるファンドマネージャー・水島(斎藤工)の部下・佐々木役。エリートサラリーマンとして、スーツ姿でクールに演じる。

今回、菅田と片寄の共演シーンはないものの昨年放送され、話題となったドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」では教師と生徒役で共演。今作では、過去に共演した俳優やプライベートでも親交の厚い俳優・スタッフ等が関わり、映画のテーマでもある“縁”や“人と人との繋がり”を改めて感じていた菅田。そんな話を製作陣と話していた中、佐々木役に誰が良いかという話になった際、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で共演した片寄の名前が挙がり、プロデューサーがダメ元でオファー。片寄側も「菅田さんの主演作品であれば…!」と快諾し、今回の出演が実現した。

片寄涼太 コメント


この度、映画「糸」に出演させていただき大変光栄に感じております。主演の菅田将暉さんとはドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」でご一緒させていただいて以来、とても尊敬する役者さんの1人としてその姿を追っていたのですが、そんな菅田さんとのご縁もあり、今回の機会を頂けたことも大変ありがたく感じております。

豪華なキャストの方々に並んでこの作品に携わらせて頂けたことは、自分にとって恐れ多く、未だに信じられないような気持ちです。瀬々敬久監督のもと、この「糸」の世界で役を演じさせていただけたことも、今後の自分にとって大きな財産となる経験だったと感じております。

映画「糸」が多くの方に届いて、その感動の「糸」がたくさんの方の心を繋いでいくことを確信しています。

素晴らしい作品が一人でも多くの方に届きますよう願っています。

菅田将暉 コメント


「3年A組-今から皆さんは、人質です-」という作品で出会った片寄くん。

一役者として、作品への関わり方にすごく情熱を感じます。

今回も力を貸してくれると聞いた時は嬉しかったです。

今作でもとても印象に残っていて、それはビジュアルというのは大前提にあるのですが、一見映画の中で誰でも良さそうな役って、誰でも良い訳ではなくて。

こういった映画との関わり方を快くやろうとする彼の心意気に感謝です。

映画『』は4月24日(金)より全国東宝系にてロードショー

(C)2020映画『糸』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

糸

--
2020/8/21(金) 公開
出演
菅田将暉/小松菜奈/山本美月/高杉真宙/馬場ふみか/倍賞美津子/永島敏行/竹原ピストル/二階堂ふみ/松重豊/田中美佐子/山口紗弥加/成田凌/斎藤工/榮倉奈々/片寄涼太 ほか
監督
瀬々敬久