出演シーンがカットされてしまった映画スターたち

映画には「未公開シーン」「削除シーン」はつきもの!? ハリウッドでは撮影をしたものの出演シーン全てカット……なんていうこともめずらしくありません。今となっては幻の出演となってしまったスターたち。カットされていなかったらどんな演技を見せてくれたのか、想像しながらご覧ください。

シエナ・ミラー
──『ブラック・スキャンダル』(2015)

ジョニー・デップの相手役として撮影したものの全出演シーンがカット

Image Credit: Vera Anderson/WireImage
Image Credit: Vera Anderson/WireImage

 

ポール・ラッド
──『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011)

クリステン・ウィグ演じるアニーのブラインドデートの相手役でアニーに激怒する男性役だったが、「いい人すぎるから」とカット

Image Credit: Vera Anderson/WireImage
Image Credit: Vera Anderson/WireImage

 

ジェームズ・ガンドルフィーニ
──『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011)

サンドラ・ブロック演じるリンダ・シェルが、9.11で愛する者を失った人たちの支援グループの集まりで出会う男性役だったが、テスト試写での観客の反応を理由にカット

Image Credit: Jason LaVeris/FilmMagic
Image Credit: Jason LaVeris/FilmMagic

 

ミッキー・ローク
──『シン・レッド・ライン』(1998)

ショーン・ペン、ニック・ノルティ、ジム・カヴィーゼルらと共演が期待されたものの政治的な理由で全出演シーンがカット

Image Credit: Jeff Kravitz/FilmMagic
Image Credit: Jeff Kravitz/FilmMagic

 

ユマ・サーマン
──『野蛮なやつら/SAVAGES』(2012)

オリヴァー・ストーン監督作で、ブレイク・ライブリー演じるオフィーリアの母親役で撮影を行ったが最終的にカット

Image Credit: Terry O'Neill/Hulton Archive/Getty Images
Image Credit: Terry O’Neill/Hulton Archive/Getty Images

 

ハリソン・フォード
──『E.T.』(1982)

エリオットの通う学校の教員としてカメオ出演を果たしたが最終版ではカット

Image Credit: Maureen Donaldson/Getty Images
Image Credit: Maureen Donaldson/Getty Images

 

via:Entertainment Weekly( http://www.ew.com/gallery/gallery-stars-cut-movies/2298728_michelle-monaghan-constantine

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で