興収70億を突破、毎週ランキングを賑わせた『ズートピア』が7月15日をもって上映終了に

    塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワード×『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーアが手掛けたディズニー・アニメーション『ズートピア』が、ついに7月15日をもって全劇場・全スクリーンでの上映を終了(劇場により順次終了)となることが決定した。

    アナと雪の女王』『ベイマックス』を超え、アメリカでディズニー・アニメーション史上No.1オープニング記録を達成した本作は、動物たちがハイテクな文明社会で暮らす世界“ズートピア”を舞台に、ウサギのジュディ・ホップスが決められた人生に抗い、「警察官になりたい」という夢を叶えるため奮闘するファンタジー・アドベンチャー。

    『ズートピア』メイン.jpg600 (1)

    4月23日から公開し新作映画が毎週公開される中、動員・興行ランキングともに1位~3位を維持し、ついに62日目で70億という記録的数字を達成した本作。70億達成までの日数を過去のディズニー作品と比較してみると、『アナと雪の女王』23日間、『ベイマックス』37日間とまさに“ナマケモノ級”のスローペース。だが、「何度も観た」というリピーターや創作マンガ、擬人化イラストなど『ズートピア』関連のファンアートが絶えずSNSで投稿され、ついには“前向きになれる映画”として「ズートピアセラピー」という言葉も誕生し、社会現象にまで至ったという。

    90年以上も続くディズニーアニメーションの歴史で、『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』などのプリンセスシリーズだけでなく、『シュガー・ラッシュ』や『ベイマックス』など、近年続くディズニーが得意とする“その時代に寄り添ったテーマにチャレンジする”新しい物語が、多くの共感を呼び、大ヒットの要因とも言われている。世界に愛されている『ズートピア』を映画館で楽しめるのも残りわずか。ジュディとニック、ズートピアの住人にもう一度会いに行こう。

    映画『ズートピア』は大ヒット公開中

    【CREDIT】
    製作総指揮:ジョン・ラセター   製作:クラーク・スペンサー
    監督:バイロン・ハワード『塔の上のラプンツェル』/リッチ・ムーア『シュガー・ラッシュ』
    公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html
    配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

    ©2016 Disney. All Rights Reserved.

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で