『インクレディブル・ファミリー』プロデューサーにインタビュー|スピンオフ制作の予定、一番影響を受けた映画は?

映画『インクレディブル・ファミリー
ジョン・ウォーカープロデューサーインタビュー

インクレディブル・ファミリー
ジョン・ウォーカープロデューサー

アカデミー賞2部門(長編アニメーション賞、音響編集賞)に輝き、世界中の観客を魅了したピクサー・アニメーション・スタジオによる2004年公開の映画『Mr.インクレディブル』。待望の最新作『インクレディブル・ファミリー』では、超人的なパワーをもつパパ・ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ・ヘレン、超高速移動ができる長男・ダッシュ、鉄壁バリアで防御できる長女・ヴァイオレットに加え、スーパー・パワーに目覚めたばかりの“赤ちゃん”ジャック・ジャックなど、前作よりもパワーアップした一家が大活躍を見せる。『アナと雪の女王』や『トイ・ストーリー3』を大幅に超え、全米アニメーション史上歴代No.1の興行収入記録を樹立するなど話題の今作を引っさげて来日したプロデューサーのジョン・ウォーカーに、ヒットした要因や一番影響を受けた映画などについて語ってもらった。

──前作から14年もの歳月を経て、ついに待望の最新作が公開となりますが、制作や公開タイミングというのはどのように決まっていったのでしょうか?

インクレディブル・ファミリー
ジョン・ウォーカープロデューサー

ジョン・ウォーカー(以下、ジョン):まず、1作目が作られた頃というのは今ほどヒーロー映画は作られていませんでした。ちょうど『Mr.インクレディブル』の公開後ぐらいからたくさんのヒーロー映画が作られていったので、すぐに2作目を公開したとしてもアニメ作品とはいえ同じようなジャンルの中で埋もれてしまうんじゃないかと…そういう心配が出てきたんです。それで、そのうちヒーロー映画バブルは落ち着くだろうと思っていたんですけど、意外にもどんどん増えていきまして(笑)。そこで一旦立ち止まって『Mr.インクレディブル』についてよく考えてみたんです。その結果、辿り着いた答えはこの映画はヒーローものというよりもファミリー映画であるということでした。ヒーローとして家族が活躍する場面もありますが、それだけじゃなく家族関係についてしっかりと描いているところがこの映画の良さだと気付いてから割とすぐに2作目の制作準備にとりかかりました。

──ヒーロー活動を禁止されてしまった父親が末っ子の子守りをして、母親がヒーローとして活躍しはじめ、娘や息子もそれぞれに悩みを抱えているというのがすごくリアルな現代の家族関係を描いていると思いましたし、きっと多くの観客が共感できる映画になっていると感じました。

ジョン:まさに共感性を大事に作りましたから、そう感じとっていただけて嬉しいです。

──ヒーロー一家の各キャラクターがユニークなだけじゃなく、ヒーロー仲間のフロゾンやヒーロースーツを手掛けるドイツ人と日本人のハーフのデザイナー・エドナもとっても個性的ですよね。特にエドナの家はデザイナーらしいハイセンスな雰囲気が漂っていて素敵ですし、少し毒のあるキャラクターも大好きなのでいつか彼女が主役のスピンオフも見てみたいです(笑)。

ジョン:あなたのようなエドナのファンは結構いますね(笑)。彼女はすごくクールなキャラクターなので“スピンオフが見たい”というお気持ちはわかるのですが、残念ながら今のところはその予定はないんです。ただ、もしエドナを主役にして作ったとしても冒頭10分ぐらいで観客はお腹いっぱいになっちゃうんじゃないかなって(笑)。エドナといえば、彼女のルーツであるドイツも日本もオリジナリティに溢れた美しいデザインのもので溢れているイメージがあります。アメリカに比べたらどちらも小さな国ではありますが、インパクトの強さは抜群なので、そういう意味でも体の小さなエドナとどこかリンクしているような気がします。

──全米アニメーション史上歴代No.1を記録しましたが、ヒットの一番の要因は何だと思いますか?

ジョン:一番の要因は何かと聞かれると正直僕にもわかりません。会社としては1200人ぐらいの比較的小規模な体勢で作っていますが、何よりまず自分達が満足のいく面白い映画になることを意識して、各スタッフが誇りを持って仕事をしています。そうやって大事に作った映画が世界各国に住む人達にどんな反応をして貰えるのか封切りされるまで全く予測がつきませんが、とにかく自分達が最高に良いと思える作品を作ることと、多くの人達に気に入ってもらえることを願うことしか僕らにはできないので、そこを全うしたらヒットしてくれたのでこんなに嬉しいことはないです。

──では最後に、ジョンさんが今までに一番影響を受けた映画を教えていただけますか?

インクレディブル・ファミリー
ジョン・ウォーカープロデューサー

ジョン:僕は映画業界で働く前はミュージカルや演劇など舞台関連を10年ほど手掛けてきていて、僕のルーツといえば舞台なんです。ただ、スティーヴン・スピルバーグ監督の『未知との遭遇』(1977)には大きな影響を受けていて、彼の作品は今も昔も本当に素晴らしいものばかりだと思っていますし、すごく尊敬しています。今年公開された彼の新作『レディ・プレイヤー1』(2018)に僕がプロデュースした『アイアン・ジャイアント』(1999)のキャラクターであるアイアン・ジャイアントが登場したときはすごく驚きました。まさか僕が関わった作品のキャラクターがスピルバーグ監督の作品に登場するなんて夢にも思ってなかったので、見つけた瞬間は飛び上がるほど嬉しかったです(笑)。

映画『インクレディブル・ファミリー』は大ヒット公開中

© 2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

取材:奥村百恵/撮影:小宮駿貴

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリー

4.5
2018/8/01 (水) 公開
出演
声の出演:三浦友和/黒木瞳/綾瀬はるか/高田延彦/小島瑠璃子/サンシャイン池崎 ほか
監督
ブラッド・バード