ディズニー実写版『くるみ割り人形』にキーラ・ナイトレイ出演決定!

チャイコフスキー作曲のバレエ作品で有名な「くるみ割り人形」の米ウォルト・ディズニー実写版にキーラ・ナイトレイの出演が決定した。

The Nutcracker_01

キーラ・ナイトレイが演じるのは”シュガープラムの精”。主人公の少女クララ役にはマッケンジー・フォイ。クララにくるみ割り人形を与える不思議な老人ドロッセルマイヤー役にはモーガン・フリーマン。そして、アフリカ系アメリカ人としてアメリカン・バレエ・シアターの初のプリンシパル役を勝ち取ったミスティ・コープランドが、劇中のバレエシーンでリードバレリーナを演じることが決定している。

オリジナル原作はE.T.A.ホフマンの『くるみ割り人形とねずみの王様』。少女クララのクリスマスにもらった人形が命を授かり、7つの頭を持つねずみの王様と戦うストーリーだ。今回の脚本はチャイコフスキーのバレエとE.T.A.ホフマンのオリジナルをもとにして、アシュリー・パウエルが2年の歳月をかけて執筆した。スウェーデン出身の巨匠ラッセ・ハルストレムがバレエの古典「くるみ割り人形」を実写映画として現代に蘇らせる。

『The Nutcracker and the Four Realms(原題)』の公開日は未定

参考:http://variety.com/2016/film/news/keira-knightley-nutcracker-sugar-plum-fairy-1201838348/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で