謎に包まれていた4つの国の“美しすぎる”映像世界『くるみ割り人形と秘密の王国』予告

11月30日(金)に公開されるディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』の予告編が解禁となった。

くるみ割り人形と秘密の王国

美女と野獣』をはじめ、『シンデレラ』『アリス・イン・ワンダーランド』など数々の不朽のファンタジー作品を実写化し、世に送り出してきたディズニー・スタジオ。今回ディズニーが映画化する「くるみ割り人形」は、約200年前にドイツで生まれた童話からクラシック・バレエへと展開され、チャイコフスキーによる音楽や、多くの舞台や書籍など様々な形で時代を超えて愛され続けてきた不朽の物語。

本作の主人公/少女・クララ役に『インターステラー』で主人公の娘を演じて強い印象を残した17歳のマッケンジー・フォイ。ヒロインの脇を固めるのは、キーラ・ナイトレイをはじめ、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマンら。監督を、『ギルバート・グレイプ』『僕のワンダフルライフ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレムが務める。

くるみ割り人形と秘密の王国

名曲「行進曲」の軽快な音楽とともに始まる予告編。主人公クララが何かに導かれるように迷い込んだのは4つの国からなる誰も知らない秘密の王国、“雪の国”“花の国”“お菓子の国”“第4の国”。プリンセスと呼ばれ戸惑うクララだが、やがて“第4の国”の反乱によって危機に瀕した王国の戦いに巻き込まれていく。

予告で特に注目されるのが、謎に包まれていた4つの国の“美しすぎる”映像世界。ロシアの歴史的建築を思い起こすような重厚な宮殿をはじめ、雪と氷に支配され、美しく輝く幻想的な雰囲気が漂う“雪の国”。春の暖かさを感じさせ、色とりどりの花々に囲まれた華やかな“花の国”。すべてがお菓子でできており、大人も子供も観ているだけでわくわくしてしまう夢の世界“お菓子の国”。3つの国とは明らかに違う、悲しみと恐怖を感じさせる奇妙な世界“第4の国”。特に“花の国”、“お菓子の国”は本予告で初めてその全容が明らかに。豪華キャスト・スタッフによる“美しすぎる”世界を舞台に、クララの壮大な冒険が始まる。

映画『くるみ割り人形と秘密の王国』は11月30日(金)より全国公開

© 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

くるみ割り人形と秘密の王国

くるみ割り人形と秘密の王国

0.0
2018/11/30 (金) 公開
出演
マッケンジー・フォイ/キーラ・ナイトレイ/ヘレン・ミレン/モーガン・フリーマン ほか(日本語吹替)小芝風花/坂本真綾/小野賢章 ほか
監督
ラッセ・ハルストレム