ハリウッド版『リング』第3弾のトレーラー公開、”7日間の呪い”がEメールで放たれる

かつて社会現象を巻き起こした鈴木光司原作のホラー映画『リング』のハリウッド映画版第3弾『Rings(原題)』の海外トレーラーが公開された。

Rings-01

2005年公開の『ザ・リング2』から約11年後、サマラ(ハリウッド版貞子)の呪いは、見た者を1週間後に殺す”呪いのビデオテープ”からEメールと形を変えて放たれる。今回の主人公はマティルナ・アンナ・イングリッド・ラッツ演じるジュリア。見た者は7日後に死ぬという”呪いのビデオテープ”を探ろうと夢中になるダークサブカルファンのボーイフレンドにジュリアは日々心配を募らせていた。ある日彼女は決して開いてはいけないEメールの添付ファイルを開き、見てはいけない”モノ”を目にすることになるというストーリーだ。

監督は『アルマゲドン・パニック』のF・ハビエル・グティエレス。『さよなら、僕らの夏』のヤコブ・アーロン、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞脚色賞を受賞したアキヴァ・ゴールドマン、『ボディ・ハント』のデヴィッド・ルーカが共同脚本を執筆した。

死へのカウントダウンを始めるこの戦慄走る恐怖のトレイラーからはビデオ、突然の電話、ジュリアの口から出てくる黒い毛髪、そして溢れ出す井戸水とサマラの姿を垣間見ることができる。ビデオテープではなくても決して見知らぬ添付ファイルを開いてはいけない。それが恐怖のはじまりだから。

『Rings(原題)』は2016年10月28日(金)全米公開予定

参考:http://www.ew.com/article/2016/08/24/rings-trailer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で