『メン・イン・ブラック』 シリーズの監督最新作はネコが主人公のドタバタコメディ、主演にケヴィン・スペイシー

ケヴィン・スペイシー主演、『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督の最新作「NINE LIVES」が『メン・イン・キャット』の邦題で11月25日より全国公開されることが決定した。

メン・イン・キャット

本作は仕事人間で家庭をかえりみない傲慢な大企業の社長が、ある事故をきっかけに飼い猫へ意識が移ってしまうドタバタコメディを描く。ある日突然ネコになってしまう社長・トム役を『ユージュアル・サスペクツ』『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞を2度受賞したケヴィン・スペイシーが演じるほか、ジャニファー・ガーナー、クリストファー・ウォーケンが共演する。監督を『アダムス・ファミリー』『メン・イン・ブラック』シリーズで知られるバリー・ソネンフェルドが務める。

メン・イン・キャット
メン・イン・キャット

映画『メン・イン・キャット』は11月25日より全国公開

【CREDIT】
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ケヴィン・スペイシー、ジェニファー・ガーナー、クリストファー・ウォーケン
配給:アスミック・エース

© 2016 – EUROPACORP – All rights reserved

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で