『いきなり先生』SUPER JUNIORイェソン、海外映画祭への出品決定に「あまりにも嬉しくて我慢できない!」

映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』完成披露舞台挨拶が11日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、W主演のSUPER JUNIOR・イェソンと佐々木希が朝原雄三監督とともに登壇した。

いきなり先生

本作は、沖縄出張中に失業した韓国人男性ヨンウンと、韓国語をマスターしなければ旅行会社をクビになってしまうシングルマザーさくらの恋模様を描くラブストーリー。臨時の韓国人教師として生活を送ることになる青年・ヨンウンをSUPER JUNIORのイェソンが、韓国語をマスターしようと奮闘するさくらを佐々木希がそれぞれ演じる。監督を『武士の献立』『愛を積むひと』の朝原雄三が務める。

いきなり先生

大歓声で迎えられたキャスト陣。映画初主演となったイェソンは「この撮影の時には、あえて太って撮影に臨んだ。不細工なヨンウンはいかがでした?気に入ってもらえたら嬉しいです!」と笑顔。「皆さんの心の中に、僕が感じた温かい気持ちが伝わったら嬉しい。何よりこの映画が良い思い出になってくれたら嬉しいね」とメッセージを贈った。続けて「何キロ増減したか」という質問には、「(撮影に)入る前に4キロくらい太った状態になって、その後8キロ痩せたんです。いま現在はその頃に比べて6キロ減量したくらいの体重だよ」と明かした。

いきなり先生

一方、本作で韓国語に初挑戦した佐々木は「韓国語は一番大きな挑戦でした。現場にも先生がいらっしゃったんですが、撮影に入る前に準備をしてしっかり覚えて、少しのニュアンスとかが難しいので大変でした。でも一番の“先生”(イェソン)がいらっしゃったので心強かったですね!」と撮影を振り返ると、イェソンは「みんなにとっての“先生”にもなれますよ!」と観客を沸かせていた。

また、本作の主題歌も担当したイェソンは「もともとこの曲(「雨のち晴れの空の色」)は、僕が活動していなかった空白の2年間に作った曲。軍隊に行く前に、ファンの皆さんと交わした約束を守るために作ったんだよ。この映画の雰囲気に合わせて、新たに編曲をアレンジした。もともとはすごく悲しい曲だったけど、この映画のように心が温まるような曲になった。皆さん、この曲にもたくさんの愛をお願いします」と語った。

イベントでは、本作の海外映画祭への出品が発表。ハワイ国際映画祭、オーストラリア日本映画祭への出品に、イェソンは思わずガッツポーズ。その姿に観客から笑みが溢れる中、イェソンは「あまりにも嬉しくて我慢できない!」と笑顔を見せ、「すごいですね…」と日本語でしみじみ喜びを表現していた。

映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』は11月3日より全国公開

【CREDIT】
監督:朝原雄三 企画・原案:Kevin DC Chang
主題歌:SUPER JUNIOR-YESUNG「雨のち晴れの空の色」
主演:イェソン(SUPER JUNIOR) 佐々木希
配給:松竹メディア事業部 公式サイト:ikinarisensei.jp

©2016「いきなり先生」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で