「連続ドラマW コールドケース」吉田羊、永山絢斗や三浦友和との共演作に絶対の自信「日本が世界に誇れるドラマ」

WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」完成披露舞台挨拶が12日、都内・恵比寿 ザ・ガーデンホールにて行われた。この日、主演の吉田羊をはじめ、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和、波多野貴文監督が登壇した。

コールドケース

原作は2003年から2010年まで、全7シーズンに渡ってアメリカCBSで放送された刑事ドラマシリーズ。世界初のアメリカ国外で制作される本作は、オリジナル版ではフィラデルフィアが舞台だったが、本作では舞台を神奈川に移し、主人公の刑事とそのチームのメンバーが、毎話異なる未解決事件の真相をたどり、未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を解決する捜査チームを描く。

この日、神奈川県警捜査一課の中でチームを引っ張る女性刑事・石川百合を演じる吉田を筆頭に、巡査部長・高木信次郎役の永山、警部補・立川大輔役の滝藤、警部補・金子徹役の光石、課長代理・本木秀俊役の三浦らメインキャストが観客のいる会場に初集結。

コールドケース

大歓声で迎えられる中、「本当に一人残らず、同じ志で同じゴールに向かって走れることがこんなに楽しいんだつくづく痛感する現場でした。ものすごく居心地が良かった。それぞれが俳優としても、役の上でもお互いをリスペクトして前に進んでいける関係性を築けたのは本当に嬉しかったです」と撮影を振り返る吉田。

男性陣を束ねていく自身のキャラクター性について、オリジナルである「コールドケース 迷宮事件簿」シリーズのリリー・ラッシュを比較して「(リリー役の)キャスリン・モリスがとってもチャーミングで可憐で儚くて、でも芯が強いんですよね。私には到底表現できないものを持っていらっしゃる方なので、日本版でこの役を演じることに不安があった」と明かし、「でも逆に言えば、アメリカの人では表現できない日本人らしさというものを出せるんですよね。原作では解決の仕方がドライに感じたので、そこを日本人特有の人情味になって、より近く対象者に寄り添っていくことを意識しました。そこは大事にしたいと思いました」と語った。

コールドケース

チーム1の若手警部を演じた永山は、ベテラン俳優陣に囲まれ「ガチガチでしたね、いい緊張かわからないくらい緊張しました。一緒にお芝居をしていて、皆さんの圧倒的な力強さを感じた。それに対して、誠実にめちゃめちゃ一生懸命やらないとと思って『本気出す!』と気合いいれてやってました」と胸の内を明かした。

コールドケース

一方、喧嘩っ早く妻とは別居中の警部補・立川を演じた滝藤は「喧嘩っ早くて短期で女房に愛想尽かされ一人暮らし…。サイテーなヤツですが、笑顔がとってもチャーミングです!みなさんのおかげで(キャラクター性が)引っ剥がされて、すごく色っぽくなってます。女性ファンが増えたらいいなぁ」と明かすと、吉田は「そんな動機で芝居してたんか(笑)」と笑いながらツッコんでいた。

コールドケース

チームを率いるボスという役回りを務めた三浦は「オリジナル版で僕の役を演じた方がものすごい風格で、外人の顔はずるいですね!シワ・彫りが深くて説得力があるそこに負けないように頑張ろうと努力しました」と役作りについて言及し、「なるべく嫌われないように、好かれたいなという気持ちで演じました」と吐露。吉田は「みんな大好きです!」と笑顔をのぞかせた。

イベントでは、本作のタイトルにちなみ「今だから言える真実の扉」と題した共通質問が。それぞれキャスト陣がエピソードを語る中、永山が「未解決事件が一つあって…今回が5つ目のWOWOWさんとのお仕事だったんですが、まだWOWOW加入してないんです」と暴露。三浦や吉田が「それ一番まずいよ(笑)」「すぐ解決して!」とツッコミ、会場からも笑いが溢れていた。

最後に吉田は「日本が世界に誇れるドラマを作ったと自負しています。出演者が『面白かった』と言うことは、ハードルを上げることになりますが、ハードルを上げてもなおお釣りがくると思います。1話でも見逃すと人生の半分損すると思います、全話面白いです!」と絶対の自信をのぞかせ、イベントを締めくくった。

WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW コールドケース~真実の扉~」(全10話)は2016年10月22日夜10:00より放送

【CREDIT】
監督:波多野貴文(「SP」シリーズ、「連続ドラマW 翳りゆく夏」)
脚本:瀬々敬久(『64-ロクヨン- 前編/後編』)、吉田康弘(『旅立ちの島唄~十五の春~』)、蓬莱竜太(『ピンクとグレー』)、林宏司『ハゲタカ』)
音楽:村松崇継(『思い出のマーニー』)、撮影監督: 山田康介(『シン・ゴジラ』)
特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase/

©WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で