『ミュージアム』“カエル男”妻夫木聡の登場に大歓声、野村周平も「ブッキー♡」

映画『ミュージアム』ジャパンプレミアが13日、都内・六本木ヒルズアリーナにて行われた。この日、主演の小栗旬をはじめ、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、松重豊、大友啓史監督が登壇。本イベントで明らかになったカエル男役の妻夫木聡も出席した。

ミュージアム

本作は、雨の日に起きる連続猟奇殺人事件の犯人、カエルのマスクを被った通称・カエル男と、沢村久志刑事との壮絶な駆け引きを描くスリラー・サスペンス。沢村久志を演じる主演の小栗をはじめ、沢村久志刑事の妻・沢村遥役に尾野真千子、沢村刑事を慕う新米刑事・西野純一役に野村周平ほか、丸山智己、伊武雅刀、田畑智子、市川実日子、沢村の父役を大森南朋が演じる。

ミュージアム

本作の予告編やビジュアルが解禁されるや「誰が演じているのか?」とSNS話題を集めていたカエル男の正体がついに発表。雨が降りしきる中、10人のカエル男に囲まれながら登場したのは妻夫木聡。情報初解禁となった現場の雰囲気は一気に最高潮に。野村が「ブッキー♡」と歓声をあげる中、妻夫木は「皆さんの歓声が野村周平の歓声よりも小さかったらどうしようと思ってドキドキしてました(笑)でも皆さん喜んでくれて良かったです!」と挨拶。

ミュージアム

主演の小栗は「追い詰められていく役だったので撮影がしんどかったですね。途中に監禁されるようなシーンがあって、『自分も監禁してくれ』とお願いして(実際に)ちょっと監禁生活を過ごしたりしてました」と撮影を振り返り、大友監督とのタッグに「大友組は本当に過酷だと聞いていたので、それなりの覚悟を持って臨んだんですが、逆に面白かったです。監督は役に感情移入しながらモニターを見ている方なので、僕がすごいハァハァして撮り終わると、監督もハァハァして疲れ切ってるんです(笑)それが面白かったですね」と語った。

ミュージアム

妻夫木も「まさか自分がカエル男をやらせてもらえるなんて思っていなかった。原作通りというよりも、映画だからこそできるカエル男を目指して、いっぱい遊ばせてもらいました」とコメント。

イベントでは、撮影中に感じた「有罪だと思う」エピソードをキャスト陣がそれぞれ披露。小栗は「雨の中、監督に『ここだけは絶対に目を開けてくれ』って言われたシーンがあったんです。でももう雨が降りすぎてて、目も開かないし、もう息もできなくて初めて『あ、溺れるかも』と思った。あれはなかなかの有罪」と吐露。続けて妻夫木も「カエル男の設定として、体をめちゃくちゃ鍛えてほしいって監督に言われたんです。(体を見せる)そういうシーンがあるのかと思って3〜4か月ジムに通って現場に入ったんですが、そういうシーンなかったですね…。ちょっとタンクトップになって二の腕映るくらい(笑)」と大友監督に対しての有罪なエピソードを披露した。

ミュージアム

また、小栗扮する沢村刑事を慕う新米刑事・西野を演じる野村は「僕は宙吊りになるところがあるんですが、11階くらいの高さがあるところでワイヤー使って撮影してたんです。お昼休みの時以外は全部吊るされてました。11階ですよ!?もし切れちゃったりしたら落ちちゃって…ね、大友監督の試練なのかなと思って耐えてたんですが、監督有罪です」と暴露。大友監督は「僕が全面的に有罪でいいです!」と、演出上のこだわりあっての有罪をきっちり受け止めていた。

ミュージアム

舞台挨拶の後にはファングリーティングが行われ、小栗や妻夫木が大勢の観客へサインや握手など、ファンの歓声に応えていた。

映画『ミュージアム』は11月12日より全国公開

【CREDIT】
原作:巴亮介『ミュージアム』(講談社「ヤングマガジン」刊)
監督:大友啓史
出演:小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己、伊武雅刀、田畑智子、市川実日子、大森南朋 他
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://www.museum-movie.jp

© 巴亮介/講談社 © 2016映画『ミュージアム』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で