『DEATH NOTE』藤原竜也×松山ケンイチが10年前の共演振り返る「あれを超える演技は見たことがない」

映画『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』イッキ見上映イベントが24日、都内・新宿ピカデリーにて行われ、観客に完全サプライズで夜神月/キラ役の藤原竜也、L役の松山ケンイチが登壇した。

デスノート

シリーズ最新作『デスノート Light up the NEW world』は、大場つぐみ原作×小畑健作画による大人気コミックを実写映画化した『DEATH NOTE』の正当な続編にあたる本作。これまでの映画やドラマ、アニメ、舞台では使用されていなかったデスノートの“6冊ルール”をもとに、夜神月とLの死から10年後の世界を描く。デスノート対策本部エース三島を東出昌大、Lの遺伝子を継ぐ竜崎を池松壮亮、キラ復活を目論む紫苑を菅田将暉が演じるほか、無差別殺人鬼・青井さくらに川栄李奈、“ミサミサ”こと弥海砂に再び戸田恵梨香、死神・リュークを中村獅童が演じる。

デスノート

第1作目の『DEATH NOTE』上映後にサプライズ登場した2人。突然の登場に観客は歓声どころか、あっけにとられた様子で迎えた。トークを進行する司会者不在の中、松山は「とりあえず自己紹介からしましょうか」と口切り、10年前に演じたそれぞれの役柄を説明。後編の『DEATH NOTE the Last name』を上映を待つ観客を前にしたトークに「ネタバレは絶対にダメ!」と公言し、笑いを誘っていた。

デスノート

今回は最新作『デスノート Light up the NEW world』の公開を記念して行われた直前イベント上映。東出や池松、菅田らが登場する今作にも出演している2人。どうやらデスノート以外にも共通点があるようで、松山は「『聖の青春』で村山聖の役を演じているんですが、竜也さんもやってるんですよね!」と告白。藤原は「僕もやってるんですよ10年前に!すっごい素敵な話でしょ、あそこまで将棋に人生かけた人いないって。命を燃やして、一手一手が勝負なんだよ。あれスッゲー話だよ!面白い」と興奮気味に語ると、松山は「『生きるってこういうことなのか!』というのを伝えていますので、そちらもあわせてご覧下さい」と自身が主演する映画をさらっとアピールしていた。

さらに、『デスノート Light up the NEW world』で新たに出演することに関して松山は「『聖の青春』で(身体を)大きくしなくちゃいけない、ちょうどその時にオファーを頂いたんです。『僕太ってるんですけどいいですか!?』って聞いたら、『一考する』っていあれました(笑)」と笑顔。その後どうなったかは「今週土曜日に確認していただければ」とうまいこと濁して、笑いを取っていた。

デスノート

一方の藤原は「俺あそこでああなっちゃったはずなのにな…と思って。松ケンと久々にお芝居できると思ってたんだけど、東出くんとか池松くん、菅田くんとか出てて人多いのに『そんなに出れるのかな?』って」と述懐。さらに、「6冊デスノートがあるんでしょ、そんなにあったっけ!?」と突っ込むと、松山も「びっくりしましたね。どんだけ増えるんだ!たぶん新作の続編ができたら32冊くらいになってるんじゃないかな」とボケてみせ、会場を笑いに包んだ。

デスノート

司会者がいない中、次々とトークは自由さを増していく2人。ようやく10年前の話題へ進むと、松山は「月という存在がものすごかった。僕はまだ新人で、竜也さんは当時から百戦錬磨でしたよね。そういう状況の中で、『僕が竜也さんと対峙できるのか』というプレッシャーがあり悩んでました。宝石のような狂気じみた演技。あれは今でも忘れられないですし、あれを超える演技は見たことがない。10年経った今でも竜也さんに追いつきたいし、追いついた後に思いっきり対峙したいというのが当時の目標だった。今でも超えたいと思いますし、目標にしている部分がずっと残ってるんです」と真摯に語った。藤原は「松山ケンイチという俳優は、ナチュラルで品があるしすごく良い俳優さんだなと思う。『カイジ』の時も『忙しいから出てくれないかな』と思っていたら快諾してくれて。楽しかった」と笑顔をのぞかせた。

映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日(土)より全国公開

【CREDIT】
原作:「デスノート」大場つぐみ・小畑健 集英社ジャンプコミックス刊
監督:佐藤信介 脚本:真野勝成
出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈/戸田恵梨香、中村獅童ほか
制作プロダクション:日活/ジャンゴフィルム
配給:ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:www.deathnote2016.com

©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で