中川大志×平祐奈『ReLIFE リライフ』、新たに大神和臣役で高杉真宙が出演「チャラく表現してみたい」

ダウンロード数世界累計2,000万を誇る人気マンガアプリcomico連載中、中川大志×平祐奈のW主演で実写映画化した『ReLIFE リライフ』が2017年4月15日より全国公開される。この度、新たに大神和臣役で高杉真宙が出演することが発表された。

ReLIFE リライフ

原作は、comico設立時より連載を開始し、今やアプリだけにとどまらずcomico初の単行本も①~⑥巻で140万部を突破。TOKYO MXなどでアニメ放映、東京・大阪で舞台化もされた話題作だ。物語は、社会人時代にトラウマをかかえた27歳ニートの主人公・海崎新太が、ある研究所の社会復帰実験プログラム「リライフ」の被験者として、1年限定で見た目だけ若返り学園生活を送る青春ラブストーリー。

主人公の海崎新太を『四月は君の嘘』『きょうのキラ君』など話題作への出演が相次ぐ中川大志が演じ、海崎がリライフ中に出会い恋をする不器用過ぎる女子高生・日代千鶴を、平祐奈が前髪をバッサリとカットして臨む。監督を『今日、恋をはじめます』の古澤健が務める。

高杉が演じるのは、ピアスと金髪のイケメンで“チャラ男”に見られがちな委員⻑/優等生・大神和臣。勉強はできるが、運動は極端に苦手というギャップも持ち合わせるキャラクターでファンも多い。今回の出演決定に、高杉は「緊張します。ファンの方も多い作品ですし、漫画なのでやはりキャラクターのイメージってありますよね。それをなんとか再現出来たらいいなぁと思います」とコメント。「原作とビジュアルを近づけるため、髪を明るく染め、ピアスもつけています。微妙な色合いの茶髪を作るために、染めるのに4時間くらいかかりました。僕は、こういうチャラい感じの役、盛り上げ役はあまり経験がないので、けっこう緊張しています。でも大神のキャラクターは、映画ではもう少しわかりやすく、チャラく表現してみたいなと思っています。恋愛にうとくて…ってところは、しっかりみせられたらいいなぁと思っています!僕、大神のそういうところがとても好きなんです(笑)」と意気込みを明かしている。

映画『ReLIFE リライフ』は2017年4月15日より全国公開

【CREDIT】
原作:夜宵草 著「ReLIFE」(comicoにて連載中)
監督:古澤健
出演:中川大志 平祐奈 高杉真宙
配給:松竹 公式サイト:relife-movie.jp

©夜宵草/comico

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で