SW『ローグ・ワン』日本のファンへ向けた新予告が世界初解禁、ルーカスフィルム社長からのメッセージ映像も

スター・ウォーズの原点へと続く“もうひとつの物語”『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が12月16日より世界中で公開される。この度、ルーカスフィルムが日本のために特別に捧げる「本予告〜フォース編〜」が完成。日本のファンに向けて世界初解禁となった。

ローグ・ワン

エピソード4/新たなる希望』の直前までが描かれる本作は、反乱軍の寄せ集め極秘チーム〈ローグ・ワン〉が、全銀河を脅かす究極兵器“デス・スター”の設計図を奪う不可能なミッションが描かれる。フェリシティ・ジョーンズを主演に迎え、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、チアン・ウェン、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、アラン・テュディックらが出演。監督を『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズが務める。

ローグ・ワン

幼い頃に両親と生き別れた主人公ジンが、別れ際に母親から「フォースを信じて…」という言葉と共に渡されたクリスタルのペンダントが始めに映し出される本予告。やがて成長した彼女は、帝国軍の“デス・スター”計画を阻止するため反乱軍のメンバーに加わることに。究極兵器“デス・スター”建設に関わった科学者である父の真意を明らかにするため、反乱軍を救い、未来へ希望をつなぐため、仲間たちと共に 97.6%生還不可能とされるミッションに命懸けで挑んでいく。

本作の監督ギャレス・エドワーズは「『スター・ウォーズ』では絆によって結ばれた家族の姿が描かれている」と語っている。『スター・ウォーズ』シリーズ全作で描かれてきた“フォース”を信じる者たちの闘い、“家族の絆”がシリーズの原点である『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く本作でもまた、作品の核となりエモーショナルな物語となって展開される。

ルーカスフィルム社長で本作のプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは「『スター・ウォーズ』は日本文化、中でも黒澤監督に大きな影響を受けています」と語る。反乱軍の寄せ集めチーム「ローグ・ワン」のメンバーたち。強大な敵を相手に仲間たちが結束し、自己犠牲をも厭わず闘い抜く事を誓う姿は、黒澤明監督の『七人の侍』のように、信念を貫く精神、犠牲や勇気、それによって強く繋がる人々の絆を描くこの物語は、日本文化へのリスペクトが込められた作品に。

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全世界公開

【CREDIT】
監督:ギャレス・エドワーズ 製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で