『疾風ロンド』大倉忠義、ムロツヨシとの撮影に「とにかく笑いをこらえてました」

映画『疾風ロンド』2階建てのロンドンバスにラッピングを施した特製“疾風ロンドンバス”出発式が17日、都内にて行われ、阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシが登壇した。

疾風ロンド

東野圭吾の100万部突破の大人気小説を「あまちゃん」の演出家・吉田照幸が映画化する本作は、日本最大級のスキー場を舞台に、大学の研究所施設から盗まれた違法生物兵器ワクチン「K-55」を追う、スキー下手で頼りない中年研究員と仲間たちの奮闘を描くサスペンス・エンターテインメント。

阿部寛扮する20 年以上前に流行ったであろう古臭いウェアに身を包むスキー下手の中年研究員・栗林和幸とともに、ワクチンを捜す手助けをするパトロール隊員・根津昇平を大倉忠義が、現場に居合わせたオリンピックを目指すスノーボードクロス選手・瀬利千晶を大島優子が演じる。ほか、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、野間口 徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本明ら実力派キャストが顔を揃える。

疾風ロンド

特製“疾風ロンドンバス”を前に「雪の中、ありがとうございます」と挨拶した阿部。このバスに乗って行きたい場所を聞かれると、「いや…恥ずかしいですね(笑)銀座はどうでしょう、まるでオリンピックのように(笑)」と笑顔。続けて大島が「こんなに大きいの見たことないです!」と感想をこぼすも、ムロは「あ!今日ロンドンバスだから、今日の衣装(ロンドンを意識して)チェックなんだ!」と大倉の衣装にツッコミ。大倉は「いやいや、やめてください、俺の衣装でスベったじゃないですか(笑)」とムロの勢いに押され気味な様子だった。

吉田監督との撮影について聞かれた阿部は「雪の中に埋もれるシーンがありましたが、吉田監督がなかなかカットをかけてくれなかったんです。その時、大倉くんと初対面でしたが、 大倉くんは何もしてくれないんですよ(笑)僕は最終的に穴にもう一度落ちるというアドリブをしたんだけど、どうせ完成したものでは使われな いだろうなと思いきや、しっかり使われてましたね」と振り返った。

疾風ロンド

そんな大倉は「申し訳なかったです(笑)」と謝罪し、「むしろ何かのトラブルなのかなと思っていました」とコメント。さらに、「ムロくんと一緒のシーンでは、とにかく笑いをこらえてました。なんかこの顔見るとね、自然に笑顔になりましたね」とにっこり。大島も「ムロさんすごくズルいですよ!大倉さんと2人で滑りながら探すシーンで、後ろをこっそりムロさんが尾行してくる流れなんです。リハの時は普通に滑ったのに、本番になったら突然コケたんです!絶対、みんなの視線狙ったでしょ(笑)」と暴露。ムロは「いやいや、それは全力でお芝居をした結果です!」とドヤ顔をのぞかせ、「でもコケたシーン入ってましたね(笑)」と明かし、笑いを取っていた。

疾風ロンド

また、司会者から「実は隠していた秘密兵器(特技)とは?」と尋ねられた大倉は「お手洗いが尋常じゃないくらい早いです。1分もかからないです。一瞬で済ませてます。あと、ファンは知っていると思いますが、料理もできます!」と暴露。大島は「大倉さんは、生理的な現象すべて早いです!寝るのも早いし、どこでもすぐ寝るし。炭酸系の飲み物も空気にするのが早いです」と話すと、大倉は「いや、ゲップって言ってください!」とツッコミ、会場から笑いが起こっていた。

一方のムロは「実は今日、阿部さんを意識して無精ヒゲ。今までヒゲを生やしてイベントとか登壇したことないんです。皆さん、貴重なヒゲツヨシでございます」と見せびらかすも、「あれ、全然カメラマンさんが撮ってくれない…」としょんぼりしていた。

映画『疾風ロンド』は11月26日より全国公開

【CREDIT】
原作:「疾風ロンド」東野圭吾(実業之日本社)

監督:吉田照幸
出演:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、野間口徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本明

©2016「疾風ロンド」製作委員会 ©東野圭吾/実業之日本社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で