『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編の海外最新予告、ピーター・クイルが父エゴ・リビングプラネットと邂逅

2017年5月12日(金)に公開のジェームズ・ガン監督によるマーベル最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の主人公ピーター・クイル/スター・ロードが、ついに父親であるエゴ・リビングプラネットと邂逅する海外最新予告編が解禁された。

2018年公開予定の『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー(原題)』への出演が決まったばかりの本シリーズ。クリス・プラット演じるピーター・クイル/スター・ロードをはじめ、ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、ドラックス(デイブ・バウティスタ)、ロケット(ブラッドリー・クーパー)、ベビーグルート(ヴィン・ディーゼル)らガーディアンズ。彼らはピーターの育ての親であるヨンドゥ(マイケル・ルーカー)、ガモーラの義理の妹であるネビュラ(カレン・ギラン)に加え、新たに参戦するポム・クレメンティフ扮するマンティスらとともに、エリザベス・デビッキが演じる黄金に輝くヴィラン、アイーシャと対峙し、再び世界を救うために立ち上がる。

解禁された新トレーラーには、クリス・プラット演じるピーターが、カート・ラッセル扮するピーターの父親であり、”生きる惑星”という衝撃的な設定のエゴ・リビングプラネットと初めて顔を合わせるシーンが登場する。今回初めて姿をあらわしたエゴだが、人間の姿をしているが、本来は惑星に顔を持つ知性体であると言われている。

テストスクリーニングではマーベル・スタジオ最高の100という数字を叩き出した本作であるが、本トレーラーにおいてもその詳細についてはいまだ明らかにされていない。ただし、前作のクライマックスで大活躍し、グルートから小さなベビーグルートになった彼が、シートベルトの必要な場面でお菓子を食べていたり、激しい戦闘の最中にいるガモーラに笑顔で手を振るなど、その可愛さ振りまく予告編としても仕上がりを見せている。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月12日(金)全国公開

参考:http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/guardians-galaxy-2-trailer-chris-pratt-debuts-kimmel-981071?facebook_20170228http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/guardians-galaxy-vol-2-scores-extremely-rare-100-test-screening-974277

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で