『名探偵コナン』吉岡里帆、百人一首にちなんだ読唇術クイズで珍回答!宮川大輔「めちゃめちゃおもろいやん!」

劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』公開アフレコが17日、都内・アバコクリエイティブスタジオにて行われ、ゲスト声優を務める宮川大輔と吉岡里帆が出席した。

名探偵コナン

劇場版21作目となる本作には、江戸川コナン/工藤新一と服部平次という東西の高校生探偵が揃い踏みするというファン垂涎のストーリーに加え、今後の原作ストーリーにも大きく絡んでくる百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉がスクリーンに初登場。「平次の婚約者」を名乗る紅葉の登場は、平次と幼馴染の遠山和葉の関係にどんな影響をもたらすのか、新一と蘭の関係にも変化が生まれるのか“淡い恋のストーリー”が描かれる。

名探偵コナン

宮川と吉岡が演じるのは、競技かるた会の皐月会に所属する手練れのかるた選手で、コナンや平次が巻き込まれる難事件にも関わってくる重要な人物。声優初挑戦の吉岡は「ハードル高いですし逃げたいです!なぜこんな(公開アフレコという)場が設けられているのか…地獄のようです。『あんたらどうやねん!?』って試されているような感じです」と弱音をのぞかせ、宮川も「地獄ですよ!早く終わらせたい。怖い」とコナンくんを前にして行われるアフレコに緊張しきりの様子。

名探偵コナン
名探偵コナン

アフレコでは、宮川演じる関根が小五郎と絡む場面や、吉岡扮する未来子がコナンや平次、和葉と会話をするシーンに2人が挑んだ。「コナンくんの前でやるのは本当に緊張する」と言っていた宮川の演技に、吉岡は「宮川さんの声も残りつつ、キャラクターとしての生き方もあって素晴らしかったです!」と太鼓判。本番前に「手汗がもうびちゃびちゃです!こんなにかいたの初めて」と緊張感をのぞかせていた吉岡の声優初挑戦っぷりに、宮川は「めちゃめちゃ上手いですね。普段は標準語やのに、やっぱり関西弁いいですね!初挑戦とは思えない」と絶賛していた。

名探偵コナン

出演が決まってから約1ヶ月ほどトレーニングを行っていたという吉岡。「ずっと研究してましたね。一番題材にさせていただいたのはコナンラジオ。映像がない状態で声優さんたちが自分のキャラクターでラジオをされていて、そのYouTubeを移動の時とかにすごい聞いてましたね」と明かした。それでも自信がないという吉岡は、「本当に光栄で夢のようなお仕事なんですけれども、21作目という歴史、その重みがあって。(公開されるまで)怖いです。コナンファンの皆様から憤怒のメッセージが送ってこられたらどうしよう…とか、それに耐えられる精神力を4月までに鍛えている最中です」と述懐。宮川は「コナンファンの方が『宮川大輔ぴったり!面白そう!頑張れ!』ってTwitterにメッセージを寄せてくれて、すごく温かいですよ!」と吉岡の不安を和らげていた。

名探偵コナン

イベントでは、本作のストーリーで軸となる百人一首にちなみ、その能力が試される聴力&読唇術クイズを実施。コナンくんが同時に発する4つの単語を聞き分ける聴力クイズ、続けて宮川が何を言っているのか、吉岡がコナンのメインテーマ曲が流れるヘッドフォンをつけ何も聞こえない状態で当てる読唇術クイズが行われた。宮川が「吉岡さん、今日も可愛いですね!好きです!愛しています!終わりです」と言ったが、吉岡は「吉岡さん、今日の晩御飯は何ですか!僕はフキです!終わりです」と回答。「好き」というワードを「フキ」と間違えた吉岡の回答に、宮川が「まだそんな歳ちゃう!フキと白飯はまだ無理!」「フキです!ってめちゃめちゃおもろいやん!」とツッコミ、2人揃って爆笑していた。

劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』は4月15日より全国東宝系にて公開

【CREDIT】
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:静野孔文 脚本:大倉崇裕 音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、堀川りょう、宮村優子 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝 公式サイト:http://www.conan-movie.jp

(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で