『サクラダリセット』野村周平×石川界人、映画&アニメ主演同士で固い握手!「同い年でこの芝居はヤバイ」と絶賛

「サクラダリセット」シリーズの映画公開とアニメ放送を記念して、AnimeJapan 2017の会場に、実写映画で主人公・浅井ケイを演じる野村周平が来場。テレビアニメで浅井ケイ役を務める声優の石川界人と初対面を果たした。

サクラダリセット

AnimeJapanという催しは初めてという野村は「なかなかこういう機会じゃないと、来られないので」と興味津々の様子。すでに映画鑑賞済みの石川は、野村に対して「すごくインスピレーションを受けました。お芝居として見た時に、自分に足りないもの、自分がこれからさらに肉付けできるものをすごく感じ取りました。そして、まずはやっぱり、マネできないケイがそこにいるなって。だから、僕は僕のケイを、野村さんは野村さんのケイを、各々の解釈で存在していていいんだなぁと思いましたし、単純に同い年でこの芝居ヤバイな、すごいなと思いました」と感心していた。

また、「お互いのケイを意識したか?」と聞かれると、「後からアニメ化されることを知ったので、あれ、声優の仕事俺にきてないぞ?誰がやったんだろうなってまず、思いました(笑)。でも、アニメ(のビジュアル)になったら全然違う…もうちょっと(僕に)よせてくれてもいいんじゃない?って(笑)アニメはアニメ、実写は実写で分けたほうが、2つで楽しめますよね」と自論を展開する野村。

対して石川は「(実写映画を鑑賞して)僕は、やっぱりちょっと影響を受けましたね。自分では影響されるつもりはなかったんですけど、それだけインパクトが大きかったんでしょうね。見てからのアフレコは自分の中で、セリフの解釈の仕方、出し方はちょっと変わったような気がします」と語った。

さらに、浅井ケイを演じた感想について野村は「すごく楽しかった。もちろん、難しい部分もたくさんあったんですけど、それよりも、今後の役者人生の引き出しの一つになる役が出来たんじゃないかなと思いました」と明かし、石川も「すごく好きなタイプのキャラクターです。ロジカルに物事を積み上げていって、結論を導き出し問題の解決にあたるというのが、非常に好きな展開で。それをすごく合理的に、効率的に行えるケイは、演じていてすごく楽しいです。巡り合えてよかったなと思っています」と、互いに役への想いに溢れていた。

原作は、能力者たちが暮らす街・咲良田(サクラダ)を舞台に、驚異的な「記憶保持」の能力を持つ高校生・浅井ケイが、「リセット」の能力を持つ春埼美空と共に、2年前に死んでしまった同級生・相麻菫を蘇らせるべく奮闘するさまを描く青春ミステリー。映画では、主人公の浅井ケイを野村周平、春埼美空を黒島結菜が演じるほか、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里らが共演。前篇に加賀まりこ、後篇には及川光博の出演も明かされている。監督を『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋が務める。

映画『サクラダリセット』【後篇】は5月13日(土)公開/テレビアニメ「サクラダリセット」は4月5日(水)よりTOKYO MX、関西テレビ、BS11他にて放送開始

【CREDIT】
出演:野村周平、黒島結菜、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里、吉沢悠、丸山智己、中島亜梨沙、大石吾朗/加賀まりこ【後篇】八木亜希/及川光博
監督・脚本:深川栄洋
原作:河野裕「サクラダリセット」シリーズ
主題歌:flumpool「ラストコール」/後篇エンディングテーマ:flumpool「ナミダリセット」

(C)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で