ソーVSハルク勃発!『マイティ・ソー』新作から海外予告解禁、グランドマスターが支配する惑星サカールが舞台

『マイティ・ソー』シリーズ第3弾『ソー:ラグナロク/Thor: Ragnarok(原題)』(2017年11月3日全米公開)の予告編とポスターをマーベルが解禁した。

レッドツェッペリンの”Immigrant Song”が響き渡る予告編では、ケイト・ウィンスレット扮する死神ヘラにムジョルニアを破壊され、鎖に繋がれ自由を奪われたソーが暗い闇の中を宙吊りになった状態からスタートする。ヘラの強力な力によって、ソーはジェフ・ゴールドブラム演じるグランドマスターが支配する惑星サカールに吹き飛ばされる。ヘラがアスカルドを炎の海に包もうとするその一方で、テッサ・トンプソン扮するヴァルキリーによってソーはグラディエーターにされてしまう。

いざ試合となった時にソーが目にするのは、アベンジャーズの一員として戦いをともにした超人ハルク。馴染みの顔に「俺たちは知り合いなんだ。一緒に仕事をした仲間だ」と喜ぶのもつかの間、ソーはハルクと刃を交えることに。トム・ヒドルストン演じるロキも予告編に登場しており、ロキの暗躍によって死神ヘラの幽閉が解かれるとあって、ソーとロキの兄弟対決が見られる模様。

本作のシナリオはコミックスの「プラネット・ハルク」にインスピレーションを得たといわれている。おなじくマーベル・シネマティックユニバースを共有する『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の監督ジェームズ・ガンに「マーベル史上最高の予告編」と言わしめた予告編がついに解禁された。

『ソー:ラグナロク/Thor: Ragnarok(原題)』は11月3日(金)全米公開

参考:http://ew.com/movies/2017/04/10/thor-ragnarok-trailer-cate-blanchett/, https://news.marvel.com/movies/61789/thor-ragnarok-brings-thunder-9-new-images/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で