『ラストコップ』キャストが生ドラマ披露、窪田正孝&佐々木希がキス寸前、竹内涼真がコマネチ連発「ファンが減っちゃう!」

映画『ラストコップ THE MOVIE』プロジェクト・ファイナル祭りが24日、都内・日テレホールにて行われ、唐沢寿明、窪田正孝、佐々木希、和久井映見、竹内涼真、松尾諭、桜井日奈子、武田玲奈、マギー、宮川一朗太、田山涼成、加藤雅也、吉沢亮が登壇。「刑事課」ドラマセットを舞台にミニドラマを生披露した。

ラストコップ

本作は、30年の昏睡状態から突如目覚めた熱すぎる昭和デカ:京極浩介と、京極とバディを組むことになった草食系の平成刑事:望月亮太の凸凹コンビが、豪快かつ破天荒な捜査で事件を解決するアクションコメディ。

「刑事課」を舞台としたミニドラマでは、窪田扮する亮太が「やっと2人きりになれた…」「結衣ちゃん♡」「ちゃん結衣♡」と佐々木演じる結衣にキス寸前まで言い寄るも、「勤務時間でしょうが!!」とハリセンやチャンバラ棒で頭、お尻を叩かれるコミカルな一幕からスタート。続けて、桜井&武田、等身大パネルで現れた伊藤沙莉による神奈川県警アイドル「KBD(きびだんご)ホーリーナイト」が“きびだんごダンス”を生披露。

ラストコップ

和気あいあいとした雰囲気が続く中、マギーが和久井を人質に刑事課へ「私の出番を増やしなさい!!」と押し入る展開に。会場がどよめく中、桜井演じる菜々子に好意を寄せるエリート刑事・若山役の竹内は「菜々子ちゃん♡」と能天気に登場。マギーから「ずいぶん人気があるようね…」「あんたがレギュラーに加わってから私の出番が少なくなったのよ!」「あんたみたいなイケメンが屈辱にまみれるのが大好きなの!」と罵倒。はたまた「全力のコマネチをしなさい!」と無茶振りを投げると、竹内は全力で「これが本家を超える俺のコマネチだ!」とコマネチを連発、さらには頭でリフティングをしながら「ファンが減っちゃうから!」と延々と続くコマネチに悲鳴をあげていた。そんな無茶振りに熱心に応える竹内の姿に、会場からは黄色い歓声があがっていた。

ラストコップ

竹内がマギーの無茶振りにタジタジになっていると、後方から唐沢演じる京極がワイヤーアクションを使って「待たせたな!!」とド派手に登場。黒ずくめの敵を一掃すると「ったく何度も生でやらせやがって!」と前代未聞の生放送に愚痴をこぼしつつ、マギーに「馬鹿な真似しやがって…お前はラストコッツッ(笑)だから生は嫌なんだ…ラストコップになくてはならない存在なんだ!」とセリフを噛みながらもマギーの怒りをなだめていた。

ラストコップ

ミニドラマを終えた後、劇場版ゲスト出演の加藤雅也と吉沢亮が加わり、クロストークが展開。ミニドラマ中にセリフを噛んでしまった唐沢は「ひどい目にあいましたね(笑)」「決して噛んでおりません。計算してやりました」と赤面。窪田は「(ドラマ版)最終回を思い出しましたね!(観客を前に)新鮮ですし、みなさんパワフルで元気いっぱいで!」とはにかんでいた。

劇中でアクションシーンに挑戦している竹内は、撮影を振り返ってみて「たまにはかっこつけてもいいかなって。ちょっとくらいね」とにっこり。だが「もうコマネチやりすぎて(話す)内容忘れちゃいましたよ!」とタジタジな様子をのぞかせた。

劇場版から新たに参戦する加藤と吉沢は、人工知能を搭載したロボット:ブレイン・ナッシーことブナッシーの開発者・西園寺春孝役、野心に燃える助手・藤崎誠吾役でそれぞれ出演。吉沢は「科学者の部下としてご一緒させていただいたんですが、本当にみなさんとのテンションが違いすぎる役で、すごい楽しそうに撮影していたのでうらやましかったです。でもみなさんのチームワークに引っ張っていただいて、すごく楽しい現場でした」と撮影を振り返っていた。

映画『ラストコップ THE MOVIE』は5月3日(水)全国公開

【CREDIT】
出演:唐沢寿明 窪田正孝 佐々木希 藤木直人(特別出演) 小日向文世 和久井映見 黒川智花 竹内涼真 松尾諭 桜井日奈子 武田玲奈 伊藤沙莉 ・ 田山涼成 マギー 宮川一朗太
ゲスト:加藤雅也 吉沢亮 ふなっしー 升毅
監督:猪股隆一
原作:「DER LETZTE BULLE」Red Arrow International
配給:松竹

©2017映画「ラストコップ」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で