『美しい星』リリー・フランキー、“息子”亀梨和也が家に帰ってこない!?「プレイボーイなもんで」

映画『美しい星』完成披露試写会が24日、都内・有楽町朝日ホールにて行われ、主演のリリー・フランキーをはじめ、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、吉田大八監督が登壇した。

美しい星

刊行当時「平凡な家族が、ある日突然“宇宙人”に覚醒する」という前衛的過ぎる設定で世間を大いに戸惑わせた三島由紀夫のSF小説「美しい星」を原作に、『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化した本作。空飛ぶ円盤を目撃したことから、自分たちは宇宙人であると覚醒した平凡な家族が、「美しい星・地球」を救う使命があると信じ、それぞれに奮闘していくさまを描く。

予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士・大杉重一郎(火星人)にリリー・フランキー、長男/フリーター・一雄(水星人)に亀梨和也、長女/女子大学生・暁子(金星人)に橋本愛、専業主婦/妻・伊余子(地球人)に中嶋朋子、大杉一家に近づく謎の存在/代議士秘書の黒木克己を佐々木蔵之介がそれぞれ演じる。

美しい星

この日、パジャマ風の衣装で登場した亀梨に、すかさずリリーが「一雄(亀梨)がね、今日完成披露で皆様の前に出なきゃいけないのに…パジャマで家から来て」とツッコミ。亀梨は「今日のテーマはパジャマということで、ラフに来させていただきました(笑)」とハニカミ。それぞれが奇抜な設定のもと役を演じきったようだが、撮影を振り返って橋本は「円盤を呼ぶポーズをさせていただいたんですが、客観的に見るとめちゃくちゃ面白いんです!それを真面目に真剣な顔をしてやるのが難しかったですね」と明かした。

美しい星

また、リリーや橋本、中嶋との共演に「僕家にいるシーンがほとんどなくて…あまり会えなかったんですよ」と亀梨。リリーが「3人では仲良くやってたけど、なかなか一雄(亀梨)が家に帰ってこないから」と言うと、亀梨は「プレイボーイなもんで(笑)」と笑いをとり、続けて「一雄(亀梨)が野球の練習をしている間、俺らはずっと…」とリリーがこぼすと、亀梨は「いやいや!亀梨和也入ってきちゃってますよね」とツッコミ。「実際にリリーさんがお父さんだったら、すごい楽しい息子生活が送れるだろうな」と仲睦まじいやり取りをのぞかせた。

一方、人生初の宇宙人役に佐々木は「セリフを言うと(監督から)『ちょっと今のは日本語みたいに聞こえました』『(自分が)宇宙人だと思っている人を演じてください』とダメ出しがきて…」と吉田監督の演出に振り回された様子。中嶋は「蔵之介さんと急接近するシーンがあるんですが、普通だとキスしそうな域じゃないですか。でもそんなもんじゃなくて、もう3cmくらいまで(笑)びっくりしましたね!蔵之介さんはしかも、まばたきを絶対にしちゃいけない宇宙人だったので、すごい大変そうでした」と吐露。

美しい星

佐々木は「相手と喋ってたら、気がついたらこの距離(3cmくらい)まで居てくれと。普通の人間の感覚ではないので、やっぱり宇宙人だなと思いましたね。まばたきに関しては、屋上のシーンがすごい風が吹いてて…そこでまばたきしないのはちょっと。宇宙人は風に弱いのかな」と会場を笑わせていた。そんな佐々木との共演シーンが多かったという亀梨は「蔵之介さんは常にライトがいろんな角度から当たってるんですよ(笑)」と思い出し笑いしていた。

最後にリリーは「撮影中のエピソードはほとんど辛くて覚えてないんです。たぶん宇宙でアブダクションにあって、吉田大八という男に一回連れ去られて記憶を消されて(地球に)戻されたんだと思う。みんなで一生懸命作って、新しくて面白い作品ができたと思うのでぜひ」とアピールし、イベントを締めくくった。

映画『美しい星』は5月26日(金)より全国公開

【CREDIT】
出演:リリー・フランキー 亀梨和也 橋本愛 中嶋朋子/佐々木蔵之介
原作:三島由紀夫「美しい星」(新潮文庫刊)
脚本:吉田大八 甲斐聖太郎
企画・製作幹事・配給:ギャガ
監督:吉田大八
公式サイト:gaga.ne.jp/hoshi/

©2017「美しい星」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で