武器を持たず、激戦地で75人の命を救った兵士の実話描く『ハクソー・リッジ』特別動画、鈴木敏夫や塚本晋也も絶賛

第89回アカデミー賞にて編集賞、録音賞を受賞したアンドリュー・ガーフィールド主演&メル・ギブソン監督最新作『ハクソー・リッジ』が6月24日(土)より全国公開される。この度、本作の見どころを2分間に凝縮した特別動画が到着した。

ハクソー・リッジ
(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

ブレイブハート』でオスカー5部門を獲得したメル・ギブソンが、10年ぶりに監督を務めた本作は、第2次世界大戦下で、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初となる名誉勲章を受けた兵士デズモンド・ドスの実話を描いた戦争ドラマ。銃を持たずに激戦地“ハクソー・リッジ”に赴き、衛生兵として一晩に75人もの日米の負傷兵を救ったデズモンド。臨場感溢れる戦闘シーンを緊迫の映像で再現することで、1人の兵士の強い信念と心の葛藤を浮き彫りにしていく。

ハクソー・リッジ』激賞コメント


メル・ギブソンが戦争を描くとこうなる。
信じるモノがあれば、人は強く、強くなれる。
──鈴木敏夫 (スタジオジブリ・プロデューサー)

自ら行動を起こし“神様”を振り向かせた、
アンドリュー・ガーフィールド演じる
デズモンド・ドスに共感します。
第二次世界大戦、沖縄戦の実態を描いたこの映画は、
老若男女問わず今を生きる人たちに観てほしい作品です。
──塚本晋也(映画監督・俳優)(※映画ナタリー インタビューより抜粋)

銃をメガホンに持ち替えた監督メル・ギブソンが、
銃を持たずに激戦地(ハクソー・リッジ)へ赴く衛生兵の勇姿と戦争の矛盾を描いた。
事実と真実から目を逸らさず、これまでにない手法と衰えぬ視線を手放さないメルにしか撮れない、まったく新しい戦争映画だ。
──⼩島秀夫(ゲームクリエイター)

凄惨酸鼻を極めた沖縄戦の戦場で、自らは決して銃を取らず、他人(ヒト)の生命を救うことに献身する男がいた。全身全霊という言葉さえ軽過ぎる至高の行動–演技、映像、迫力すべて圧倒的。
──内田忠男(国際ジャーナリスト)

こんな物凄い戦闘シーンは見たことがない。
でも、これは戦争映画じゃない。
人間の信念、本物の信念を、
メル・ギブソンはひたすら追求している。

PS1 沖縄の地上戦でこの戦いがあったことを知らなかった
PS2 主演の俳優は アンソニー・パーキンスの生まれ変わりかと思った
PS3 これが実話だと知って 神を信じてみようと思った
──久米宏

本当の勇気とは何なのか?
戦場では人は自らの生命(いのち)を第一に考える。
なのに究極の激戦場で敵味方を問わず兵士の命を救うことに精魂を込めた衛生兵がいたとは!
驚きと感動の映画だ。
──草野仁(キャスター)

映画『ハクソー・リッジ』は6月24日(土)よりTOHOシネマズスカラ座ほか全国公開

【CREDIT】
監督:メル・ギブソン 製作:ビル・メカニック
出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、レイチェル・グリフィス、ヴィンス・ヴォーン
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://hacksawridge.jp/

© Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で