メル・ギブソン、A・ガーフィールドらが『ハクソー・リッジ』信念語る特別映像、メイキングシーンも収録

第89回アカデミー賞にて編集賞、録音賞を受賞したアンドリュー・ガーフィールド主演&メル・ギブソン監督最新作『ハクソー・リッジ』が6月24日(土)より全国公開される。この度、メイキングシーンをはじめ監督&キャストたちのコメントを収めた特別映像が到着した。

ハクソー・リッジ
© Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

ブレイブハート』でオスカー5部門を獲得したメル・ギブソンが、10年ぶりに監督を務めた本作は、第2次世界大戦下で、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初となる名誉勲章を受けた兵士デズモンド・ドスの実話を描いた戦争ドラマ。銃を持たずに激戦地“ハクソー・リッジ”に赴き、衛生兵として一晩に75人もの日米の負傷兵を救ったデズモンド。臨場感溢れる戦闘シーンを緊迫の映像で再現することで、1人の兵士の強い信念と心の葛藤を浮き彫りにしていく。

メル・ギブソンが「武器を持たずに戦場に行ったら…?」と問いかけるシーンから幕をあける特別映像。製作のビル・メカニックは「ドスは安息日再臨派(アドベンチスト)で、殺すだけの戦争は間違いだ」と解説。上官ハウエル軍曹役のヴィンス・ヴォーンも「命を救うために参戦した」と続け、アンドリュー・ガーフィールドは「(ドスは)人類みな兄弟という思想を体現し、口先だけではなく行動で示した」と献身的に信念を貫いたドスの生き方を讃えている。

殺すことが戦争の常識だと考える軍人グローヴァー大尉を演じたサム・ワーシントンは、「命を守ることに関して2つの異なる立場が交錯している。一方(ドス)は武器を持たずに医療で命を守り、他方(グローヴァー)は武器を持ち隣り合う仲間の命を守る」と、2つの立場の対立がドスの姿勢を際立たせている本作の魅力に言及している。

監督メル・ギブソンについて、アンドリュー・ガーフィールドは「(メルは)“映画作りは楽しくない”と言いつつ、絶対に楽しんでいると思う」と微笑みながら、「素晴らしい俳優でもあり、見守られると安心する」と撮影に臨んだ。ヒロインを演じたテリーサ・パーマーも「映画の隅々まで本物を求める」と、徹底したリアリティを求めた監督に敬意を表している。

映画『ハクソー・リッジ』は6月24日(土)よりTOHOシネマズスカラ座ほか全国公開

【CREDIT】
監督:メル・ギブソン 製作:ビル・メカニック
出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、レイチェル・グリフィス、ヴィンス・ヴォーン
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://hacksawridge.jp/

© Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で