18年間家の中でしか生きられなかった少女の全てをかけた恋と冒険を描く『エブリシング』8月公開、予告解禁

NYタイムズベストセラーでNo.1を獲得、11ヶ月間ベストセラーリスト入りを果たしたニコラ・ユンによる青春小説を実写映画化した『Everything,Everything(原題)』が『エブリシング』の邦題で8月5日(土)より公開されることが決定した。

エブリシング

本作は、重度の免疫不全(SCID)により18年間”滅菌された家の中だけ”で過ごしてきた少女・マデリンが隣に越してきた少年・オリーと恋に落ち、愛のために“すべて”を懸けて外の世界に踏み出すラブストーリー。純粋でまっすぐなヒロイン・マデリンを『ハンガー・ゲーム』などに出演し10代女子のオピニオンリーダーとしても人気のアマンドラ・ステンバーグが、マデリンと恋に落ちる少年・オリーを『ジュラシック・ワールド』のニック・ロビンソンがそれぞれ演じる。新鋭の女性監督・ステラ・メギーがメガホンをとり、『アデライン、100年目の恋』のJ・ミルズ・グッドローが脚本をつとめた。

予告では初めての恋に戸惑うマデリンと、彼女の体を気遣いながらも想いを止められないオリーの姿が捉えられている。さらに、マデリンの“すべて”を懸けた運命の決断の1部を垣間見ることができる。

映画『エブリシング』は8月5日(土)より新宿ピカデリーほか公開

【CREDIT】
監督:ステラ・メギー 脚本:J・ミルズ・グッドロー
出演:アマンドラ・ステンバーグ ニック・ロビンソン
原作:ニコラ・ユン(「Evyrything,Everything」)
公式サイト:warnerbros.co.jp

© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で