米林宏昌×西村義明、スタジオポノック初作品『メアリと魔女の花』封切りに万感の想い「ジブリよりもう一歩前に進みたい」

映画『メアリと魔女の花』初日舞台挨拶が8日、都内・TOHOシネマズスカラ座にて行われ、監督の米林宏昌、プロデューサーの西村義明が豪華キャストとものに出席。0からのスタートを切ったスタジオポノック初作品の封切りに喜びをあらわにした。

メアリと魔女の花

借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林宏昌が、スタジオジブリ退社後にプロデューサー・西村義明が設立したアニメーション制作会社「STUDIO PONOC スタジオポノック」にて製作された本作。メアリー・スチュアートによる英国児童文学「The Little Bloomstick」を原作に、天真爛漫な少女メアリが、ひょんなことから魔法渦巻く世界に巻き込まれるさまを描く。

メアリと魔女の花

かねてから「本当に0からのスタートでした」と語る米林監督と西村プロデューサー。スタジオポノックから初めて誕生した本作の封切りに「すごく苦労したことがたくさんありました。ジブリにいた時は、宮崎駿監督の作品を作るためのスタッフがすでにいた状態からスタートできたんですが、今回はスタッフ一人一人に声をかけるところからスタートして…」と米林監督が苦労をにじませ、「一番の思い出は最後のラストスパートに、寝ずに一丸となって全力を出し合って作品を作完成させたこと。いろんな人たちの力に、改めて感謝します」と明かした。

メアリと魔女の花

西村プロデューサーは「過酷すぎて10キロ痩せてしまったので、あまり思い出したくないですね(笑)」と苦笑いを浮かべると、渡辺が「10キロ痩せたの!?羨ましい…」と食いつき、大竹が「じゃあえりちゃんも(スタジオポノックに)入れてあげてください」とツッコミ、仲睦まじい様子をのぞかせた。「スタジオポノック」社名の由来「ポノック」について話題が飛ぶと、西村プロデューサーは「クロアチア語で深夜0時。でも読み方を間違えてしまって、本当は『ポノーチ(PONOC)』と読むんです。新たな1日のはじまりの意味を込めました」と述懐していた。

MCから「ジブリ越えなるか!?と期待の声が寄せられていますが…」と聞かれると、米林監督は「おこがましいです。まずは一歩ずつ、前作より良い作品を作っていけたらと思います。僕の方から『ジブリ越え』なんて、とても言えないです」と恐縮しきり。だが、西村プロデューサーは「今回の作品を作ってきたスタッフの方々の8割くらいは元ジブリのスタッフ達。自分たちが最後に作ったのは『思い出のマーニー』、やっぱり言いたいです!ジブリよりもう一歩前に進みたい!」と自信をのぞかせていた。

メアリと魔女の花

イベントには杉咲花、神木隆之介、小日向文世、佐藤二朗、渡辺えり、大竹しのぶらキャスト陣も出席。主演声優を務めた杉咲から感謝と労いの言葉が贈られると、米林監督は「素晴らしい方達と一緒にお仕事ができて本当に良かったと思っています」と話し、西村プロデューサーも「僕たちの方が感謝しています」とキャスト陣に感謝の言葉を贈った。

映画『メアリと魔女の花』は全国東宝系にて大ヒット公開中

【CREDIT】
キャスト:杉咲花 神木隆之介/天海祐希 小日向文世/満島ひかり 佐藤二朗 渡辺えり/大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子 脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継 プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会

©2017「メアリと魔女の花」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で