『ここさけ』中島健人、芳根京子がロケ地・秩父高校にサプライズ訪問!恋に悩む生徒に“王子”アドバイス炸裂

映画『心が叫びたがってるんだ。』サプライズイベントが10日、埼玉県立秩父高等学校にて行われ、Sexy Zoneの中島健人、女優の芳根京子が登壇した。

心が叫びたがってるんだ

本作は、劇場版アニメ『心が叫びたがってるんだ。』を実写映画化したもの。幼い頃に何気なく発した言葉によって家族をバラバラにしてしまい、そのことがトラウマで人と話すことが出来ない主人公、成瀬順。人とのコミュニケーションが苦手で本音を言えないクラスメイト・坂上拓実とともに実行委員に任命された「地域ふれあい交流会」の出し物“ミュージカル”で主役に抜擢された順は、拓実からのある言葉をきっかけに<今まで心に閉じ込めてきた想い>を歌にして伝えようと奮闘していく。他人に本音で向き合うことが苦手な少年・坂上拓実を本作が主演映画4作目となる中島健人、ヒロインの成瀬順を芳根京子が演じる。

心が叫びたがってるんだ

原作の舞台でもある秩父でほとんどが撮影され、今回訪問した秩父高校でも重要なシーンの撮影が行われた。今回のイベントでは「ここさけ」のプロデューサーが撮影のお礼と映画完成の報告に来た」という名目で、全校生徒約700人に体育館に集まっていただき、本作プロデューサーの清水博之が登壇。撮影のお礼と映画完成の報告をし、「私ひとりでは、この映画の魅力を伝えきれないと思ったので、今日は助っ人に来てもらっています」と話すと、会場にはざわめきが。MCが中島健人と芳根京子を紹介すると、割れんばかりの歓声があがり、生徒たちが両手で手を振り、それに応えながら、2人が登場した。

中島が「元気ですか?」と声をかけると、女子生徒からは「キャー!」と大歓声。続けて、「男性諸君、元気ですか?」と言うと、男子生徒は「元気です!イェーイ!」と歓声をあげていた。「最高だな。秩父という『ここさけ』が生まれた場所で撮影ができて幸せでした。今日はみなさんと楽しい時間を過ごしたいと思います」と挨拶すると、芳根も「今日は球技大会ということで、時間をいただきありがとうございます。少しの時間ですが、みなさんと一緒に素敵な時間を過ごしたいと思います」と会場を沸かせた。

生徒たちの熱狂的な歓迎に、中島は「今日の気温よりもメチャメチャ声援が熱い!!声援に包まれて登場したときは気持ちよかったし感動しました。ありがとうございます」とにっこり。芳根が「すごい嬉しいです。嬉しい。暑いので熱中症にならないように。体調が悪くなったらすぐに言ってください」と言うと、中島は「保健の先生か!」とツッコミ、笑いをさらっていた。

イベントでは、生徒たちの悩みに中島・芳根が答えるコーナーが。「好きな人と中々話せません。どうアプローチしたらいいですか?」との声に、芳根は「私は何もできないです…心は高校生のままで」と共感しきり。中島は「僕はこう見えてシャイなんです。普段は『セクシーサンキュー!』などと言っていますが、プライベートでは言いませんし、本当に好きな子の前ではドキドキしちゃう。だからいつもより多めに感謝の気持ちを言います。ありがとうをたくさん言って、ほかの誰よりもあなたに感謝していますという気持ちを伝えます」と真摯に答えた。

最後に中島は「この作品は、“最高の失恋”を描いています。でもその失恋は悪いことではなくて自分が強くなるものだと思いますし、今日という日、明日という日がものすごく楽しみになる作品になってます。ぜひこれを観て、今思っていることを思いっきり叫んじゃってください」とアピールし、芳根も「大切な人と見て、心にあることをぜひ、叫んでほしいなと思います。胸を張ってお届けできる作品を作れたと思っていますし、この作品を作れたのは秩父のみなさんのおかげだと思っています」とメッセージを贈り、イベントを締めくくった。

映画『心が叫びたがってるんだ。』は7月22日(土)より全国公開

【CREDIT】
監督:熊澤尚人 脚本:まなべゆきこ
出演:中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛一郎
配給:アニプレックス
公式サイト:http://kokosake-movie.jp/

(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会  (C)超平和バスターズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で