『銀魂』エリザベス“声優”は山田孝之!舞台挨拶登壇に「暑い」「断ればよかった…」

映画『銀魂』初日舞台挨拶が14日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、岡田将生扮する桂小太郎の相棒・エリザベスの声を山田孝之が演じていることが明らかとなった。

銀魂

舞台挨拶には、主演の小栗旬をはじめ、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢亮、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、監督の福田雄一、エリザベスが登壇。終始、キャスト陣のトークを動きだけで盛り上げていたエリザベスに対し、おもむろに福田が「エリザベス!今日いい動きするな〜」「今日はいい感じ?体調は?今日喋っていいみたいだよ?」と声をかける。するとエリザベスは「暑い」と一言。小栗らほかの登壇者は、この日エリザベスがしゃべることを知らされていなかったようで一同大爆笑。

銀魂

福田が「暑いの?エリザベス」と聞くと、エリザベスは「断ればよかった…」と肩を落としていた。続けて福田が「今日みんなエリザベスの“中の人”のこと知らないんだよ」と説明すると、エリザベスは「中なんてないっすよ!!これが俺だよ!」と力強い口調で答え、会場の笑いをさらっていた。

銀魂

観客に向かって「誰だかわかります?」と福田が聞くと、客席からは「孝之〜♡」と歓声が。すると福田は「山田くん…山田くんじゃない!!(笑)」と思わず口を滑らせると、これには菅田らも声を上げて爆笑していた。舞台挨拶に登場する一幕について、エリザベスは「階段がすげーむずかった。(足元が)見えないんで…」と言うと、福田は口元から中を覗こうとイタズラしまくり。それに対してエリザベスは「ちょちょ!!」と中から手が飛び出すほど必死に抵抗していた。

銀魂
暑さでしゃがみこむエリザベス

その様子に小栗は「俺だったら絶対やらない!オファーきても絶対断ってるわ!偉い!」と絶賛。エリザベスは「自分から(行くって)言っちゃったんだよね。皆さんあっつい真夏にアクションとか頑張っていて、僕は涼しいところで3分くらいで(アフレコ収録が)終わったんですよ。さすがに申し訳ないなと思って、こうして稼働しようと思いました」と明かしていた。


単行本発行部数累計5,000万部を超える空知英秋原作の大人気コミックを、小栗旬×福田雄一のタッグで実写化した本作。パラレルワールドの江戸を舞台に、己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった天パの銀髪男「万事屋」の坂田銀時と、ひょんなことから出会った仲間の身に起きる様々な出来事を描く。

上映時間はこちら

映画『銀魂』は全国公開中

【CREDIT】
脚本/監督:福田雄一
出演:小栗旬 菅田将暉 橋本環奈 柳楽優弥 新井浩文 吉沢亮 早見あかり ムロツヨシ 長澤まさみ 岡田将生 佐藤二朗 菜々緒 安田顕 中村勘九郎 堂本剛
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:「銀魂」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:gintama-film.com

©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で