中島健人「ケンティです!!」『ここさけ』初日で“あいうえお作文”、芳根京⼦らが最高のバトン渡す

映画『心が叫びたがってるんだ。』初日舞台挨拶が22日、都内・TOHOシネマズ新宿にて行われ、主演の中島健⼈をはじめ、芳根京⼦、⽯井杏奈、寛⼀郎、監督の熊澤尚⼈が登壇した。

心が叫びたがってるんだ

本作は、劇場版アニメ『心が叫びたがってるんだ。』を実写映画化したもの。幼い頃に何気なく発した言葉によって家族をバラバラにしてしまい、そのことがトラウマで人と話すことが出来ない主人公、成瀬順。人とのコミュニケーションが苦手で本音を言えないクラスメイト・坂上拓実とともに実行委員に任命された「地域ふれあい交流会」の出し物“ミュージカル”で主役に抜擢された順は、拓実からのある言葉をきっかけに<今まで心に閉じ込めてきた想い>を歌にして伝えようと奮闘していく。

大歓声で迎えられる中、中島は「愛すべき今日に、愛すべきこの作品を皆さんにお届けできること、嬉しさで心が叫んでいます」と初日を迎えた心境を明かす。本作の注目ポイントを聞かれると、「この作品の肝となっているミュージカルシーン。日々、踊りや歌の努力を積み上げて作李ました。そこに込められたメッセージを感じて欲しいです」と語った。

心が叫びたがってるんだ

芳根は「観ていただきたいところは…全部!!」と声を上げ、「ミュージカルのところもそうですし、4人の屋上でのシーンも本当に好き。見所がたくさんある作品だと思うので、全部に注目して欲しいです」と笑顔をのぞかせた。

心が叫びたがってるんだ

MCから本作にちなみ「自身を“強く”してくれたのは?」と尋ねられると、石井は「『ここさけ』メンバーが私を“強く”してくれたなと思います!監督もキャストの皆さんも、スタッフさんやマネージャーさん、こんなに優しい人たちがたくさんいるんだなと現場で改めて感じることができました。優しくされたら、人に優しくしてあげたいなと強く思うようになったし、人見知りも克服できて本当に楽しかったです!」と明かした。

心が叫びたがってるんだ

イベントでは、初日を迎えて叫びたいことを“こ・こ・さ・け”の4文字で「あいうえお作文」として披露。バトンを渡すように、「こ:こんにちは!」(寛一郎)、「こ:このメンバーで、ここまで来れたのも」(石井)、「さ:最高に最強な座長のおかげです!そんなウチの座長は?」(芳根)と繋ぎ、ラストに中島が「ケンティです!!」とハニカミ。中島は「『ここさけ』メンバーまじ大好きだわ!嬉しさで叫んでます!ありがとう!」と仲睦まじい様子をのぞかせ、「いろいろ考えていたんです…考えてたのは『け:健気に生きる!』だった(笑)(見事な連携に)すごい安心した、ありがとう!」と満面の笑みを浮かべていた。

上映時間はこちら

映画『心が叫びたがってるんだ。』は全国公開中

【CREDIT】
監督:熊澤尚人 脚本:まなべゆきこ
出演:中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛一郎
配給:アニプレックス
公式サイト:http://kokosake-movie.jp/

(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会  (C)超平和バスターズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で