佐藤健×綾野剛『亜人』MX4D&4DXでの上映決定!新カット満載の“激震体感ムービー”公開

累計発行部数540万部突破、漫画家・桜井画門が手がける同名漫画を『るろうに剣心』シリーズの佐藤健主演、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督の初タッグで実写映画化した『亜人』が9月30日(土)に公開される。この度、本作のMX4D&4DXでの上映が決定。あわせて、「激震体感ムービー」と題した新たな本編映像が到着した。

亜人

【亜人】とは、人間と姿かたちは同じだが、どれだけ傷ついても絶命と共に再生をはじめる死を超越した特殊な能力を持つ新人類。本作は、ある交通事故を機に決して死なない新人類・亜人と認定され、全人類から狙われる事になった高校生・永井圭の“死闘”と葛藤を描く。冷徹で合理的な考え方を持ち、危機に瀕した時は他人を犠牲することも厭わない主人公・永井圭を佐藤健が、最凶最悪の不死身テロリスト・“帽子”こと佐藤を綾野剛がそれぞれ演じる。共演には、厚生労働省・亜人管理委員会の戸崎優役に玉山鉄二ほか、城田優、千葉雄大、山田裕貴、川栄李奈、浜辺美波が名を連ねる。監督を『踊る大捜査線』シリーズの本広克行が務める。

邦画では『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』以来となるアトラクション型特別興行「MX4D」「4DX」での上映。公開された映像では、『るろうに剣心』のアクションチームをはじめとするスタッフ・キャスト陣が一丸となって作り上げた、”新次元アクション”を垣間見ることができる。

プロデューサー コメント


撃たれる・落とされる・投げられる・飛び降りる…。
亜人は死んでも命を繰り返すので、常識を覆すアクションの数々に、キャストの皆さんには随分過酷な現場だったかと思います。そんな新次元アクションが詰まった本作は、体感型のMX4D&4DX用といっても過言ではありません。逃げる佐藤健に、迫り来る綾野剛!暴れまわる城田優に、飛び掛かる川栄李奈!そして、予測不能のIBMーーー。
進撃の巨人』や『シン・ゴジラ』の衝撃のその先を行く、新感覚でアンストッパブルな109分のジェットコースタームービーをお楽しみ下さい!!

※IBMとは:インビジブル・ブラック・マターの略。黒い粒子を放出して戦う事ができる、亜人だけの能力。普通の人間には見ることができない。

映画『亜人』は9月30日(土)より全国東宝系にて公開

【CREDIT】
監督:本広克行
原作:桜井画門「亜人」(講談社「good!アフタヌーン」連載)
出演:佐藤健 玉山鉄二 城田優 千葉雄大 川栄李奈 山田裕貴 浜辺美波 品川祐 / 吉行和子 / 綾野剛
配給:東宝
公式サイト:http://ajin-movie.com

©2017映画「亜人」製作委員会 ©桜井画門/講談社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で