『マイティ・ソー』キャスト陣が“会話できる”ハルクを絶賛!ワールドプレミア開催!

シリーズ累計興行収入全世界NO.1の「アベンジャーズ」シリーズ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』のワールドプレミアが10月10日(現地時間)に米・ロサンゼルスで開催された。

マイティ・ソー

マーベル史上最強の敵・死の女神ヘラと、雷神ソー率いる“リベンジャーズ”との戦いを描く本作。プレミアイベントの翌日にロサンゼルスのホテルにて行われた記者会見には、ソー役のクリス・ヘムズワースや、ロキ役のトム・ヒドルストン、ハルクを演じるマーク・ラファロ、ヘラ役のケイト・ブランシェットなど豪華キャストが出席。タイカ・ワイティティ監督とマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギも登場した。

マイティ・ソー

様々な質問が飛び交う中、最も盛り上がったのが本作のハルクについての話題だ。主演のクリス・ヘムズワースが、本作のハルクについて聞かれると「最高だよ。今回のハルクが僕の一番のお気に入りだね。今までの作品ではハルクとソーは互いに戦うシーンくらいで、あまり一緒にいるシーンがなかったんだけど、今回は共闘する。即興で演技しながら、今までになかった化学反応を生み出していくのは楽しかったよ。本作のハルクは、すこしだけ会話ができるようになったから、今までよりもユーモアがあって、魅力的なんだ」と答えた。

マイティ・ソー

タイカ監督は「クリスとマークのケミストリーは最高だよ。2人になすがままに任せたんだ。今回のソーとハルクは子供っぽい喧嘩をしたり…クレイジーなヒーローたちの人間くさい一面を描くのが好きなんだ」と、ソーとハルクの可愛らしい新たな関係性について触れた。

また、久しぶりに出会ったソーとハルクが感動の再会…と思いきや、互いに拳をぶつけあうダイナミックなバトルシーンも本作の見どころのひとつ。ケヴィン・ファイギは「バトルシーンが画期的なんだ。ソーは今までの作品よりもパワフルに描かれていて、ハルクとの戦いのシーンでは、最強のハルクに立ち向かうことで彼の力がパワーアップしていく。でも同時に、アクションシーンでも笑いの要素を持ちこめるのがクリスの素晴らしいところだね。タイカがクリスやマークたちキャストに自由を与えたというのも大きい。キャストが自由にトライできるから、キャラクターをより深堀りできるんだ」と絶賛している。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は11月3日(金・祝)より全国公開

【CREDIT】
監督:タイカ・ワイティティ 製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、ケイト・ブランシェット、アンソニー・ホプキンスほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:MARVEL-JAPAN.JP/THOR_BR

©Marvel Studios 2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で