『探偵はBARにいる3』大泉洋の“エンターテイナーっぷり”に爆笑の渦!

映画『探偵はBARにいる3』ジャパンプレミアが24日、都内・T・ジョイPRINCE品川にて行われ、大泉洋、松田龍平、北川景子、前田敦子、リリー・フランキー、監督の吉田照幸が登壇した。

探偵はBARにいる

大勢のファンに囲まれながらレッドカーペットに登場したキャスト陣。歓声を浴びる中、大泉が「ありがとうございます。沿道の皆さんもありがとうございます。皆さんの声援、温かく受け止めております!大泉、大泉洋です!ありがとうございます!映画『探偵はBARにいる3』、大泉洋です!」と選挙に出馬するかのような挨拶で観客を沸かせ、松田も「3、楽しみにしていてください」と笑みをこぼした。

そんな大泉にリリーが「この日のために洋ちゃんのおばあちゃんが徹夜で作ってくれたようなジャケット」と衣装をイジると、大泉は「あなた訴えますよ!これだけ主役として煌びやかな衣装を着てきたのに『おばあちゃんの家のピアノにかかってるような布みたいだ(笑)』って。前田敦子は『古着みたい(笑)』って言ってた。ものすごい華やかなのに!」と声をあげ反論し、笑いを取っていた。

本シリーズを全て映画館で鑑賞したと話す前田。ロケ先の北海道で大泉と食を堪能したようで「人生で初めてスープカレーを食べました」とにっこり。大泉に北海道で讃岐うどんをご馳走になり、同じ店に北川も訪れていたという。大泉が「(その店のことを)教えてもないのに行ってた!」と言うと、前田は「えー!じゃあ2人は胃袋が似てるんですね!」と天然発言。おの言葉に大泉は「胃袋が似てるって言葉は意味がわからないけど(笑)胃袋は似てないんじゃない?内蔵だからよくわからないけど(笑)」とツッコミを入れていた。

大泉と松田に「『探偵はBARにいる』に帰ってきたな、と思ったエピソードはありますか?」との質問が。大泉は「松田くんに会ったらやっぱ『始まったな』と思いましたよ。(松田の)ひょうひょうとした感じ、この高田感がハンパなかったので、スッと役に入れましたね」とコメント。松田も似たようなコメントで返し、「やっぱり札幌の雰囲気、スタッフの皆さんに会った時ですかね」と小声で話した。

一方、シリーズ初参加の北川。謎の女という役どころを演じ、「ネタバレになってしまうのでほとんど話せない。でも、予告にも入っているのですが、拳銃をぶっ放すシーン。初めて拳銃を持ったんですね。すごく気持ちよかったです!」とハニカミ。続けて、「火薬を使ってバンッとやるんですが、本当に気持ちよかったです。ワクワクして、すごくいい体験になりました」と明かした。

リリーは「北川さんに乱暴するシーンもありました。こんな繊細な方に乱暴するのは、めちゃくちゃ緊張しましたね」と明かす。大泉が「髪の毛をグワッ掴んで投げ飛ばしてましたからね。監督はそこまでしろとは言ってなかった!」と暴露すると、リリーは「洋ちゃんが『そうした方がいいよ』って言ったから」とサラッとやり返す。

そんな大泉とBARに行ったようで、リリーは「探偵は30分で寝ましたけどね。普通のBARじゃダメなのかなと思って、次の日はバニーガールがいるBARに行ったんですけどね。そこでもあなたは寝てました。“探偵はBARで寝る”」と暴露。大泉は笑いながら「その話は誰にしてないので!バニーがいたBARの話はやめてもらってもいいですか(笑)酒に弱いの!BARに行くと眠くなる」と赤面していた。

シリーズの大ファンという前田だが「大泉さんが演じる探偵がかっこいいのは重々知っていたんですが、アクションシーンで高田があんなに動けるとは…今回かっこいいと思いました!」と感想をこぼす。ファンから笑いが起きる中、大泉は「1も2も(アクション)やってるよね?観てねぇだろ!」とツッコミ。松田は「嬉しい…」とボソッと前田に声をかけていた。

また、撮影で1mくらいの高さから飛び降りるシーンに挑戦した北川。高所恐怖症のようで、そのシーンについて大泉が「僕は『自分のタイミングでゆっくりやりなさい』って言って待ってたんですが、それにイライライした松田くんが『飛ばないと終わらないよ』『俺だったら倍の高さからでも飛べる』って(笑)」と暴露し、笑いを取っていた。

探偵はBARにいる

最後のフォトセッションでは、マイクを回収されるも、ピンマイクをあらかじめ装着していた大泉が「フォトセッションでマイク使えるのすげー嬉しい!」「松田さんもうちょっと笑ってください!」と喋り続け、ファンを楽しませることに終始努めていた。

探偵はBARにいる

さらにイベントでは、本作の舞台にちなみ、大泉が会場に雪を降らす演出に挑戦。専用の機械が用意されているにもかかわらず、大泉は「ヤァーーーーー!!」と天を見上げ叫び、本気で雪を降らそうと奮闘。その姿にキャスト陣・観客は大爆笑していた。


アジア最北の歓楽地である札幌・ススキノを舞台に、その町の表も裏も知り尽くした探偵の活躍を描いた気鋭ミステリー作家・東直己の〈ススキノ探偵シリーズ〉を原作に、『探偵はBARにいる』『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』と映画化され大ヒットを記録した本シリーズ。

主演を大泉洋(探偵)、松田龍平(その相棒兼運転手・高田)が続投し、北川景子が【探偵】を翻弄するモデル事務所の美人オーナー・岬マリに扮するほか、リリー・フランキー、前田敦子、志尊淳が新たに参戦。ほか田口トモロヲ、松重豊、マギー、安藤玉恵、篠井英介、片桐竜次らススキノの仲間たちに加え、北川景子扮するヒロイン・マリの過去を知る元コールガール役で鈴木砂羽が共演する。脚本をシリーズに引き続き古沢良太、監督を新たに『疾風ロンド』の吉田照幸が務める。

映画『探偵はBARにいる3』は12月1日(金)より全国公開

【CREDIT】
監督:吉田照幸
脚本:古沢良太
出演:大泉洋、松田龍平、北川景子、前田敦子、鈴木砂羽、リリー・フランキー、田口トモロヲ、志尊淳、マギー、安藤玉恵、正名僕蔵、篠井英介、松重豊、野間口徹、坂田聡、土平ドンペイ、斎藤歩、前原滉、天山広吉、片桐竜次ほか

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で