AKIRA、TAKAHIROらが『HiGH&LOW』集大成に万感の想い、佐野玲於は“スモーキー”窪田正孝の存在に感謝

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』初日舞台挨拶が11日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、佐野玲於、岩城滉一、加藤雅也が登壇した。

HiGH&LOW

上映後の観客を前に「チーム丸となって作った作品。初日を迎えることができて嬉しいです」(AKIRA)、「こうして初日を迎えられたのも、日頃から応援してくださる皆さんのおかげ本当にありがとうございます!」(TAKAHIRO)、White Rascals・ROCKY役の黒木も「Party Time!」などと挨拶し、会場を沸かせた。

HiGH&LOW

3年間にわたり「HiGH&LOW」シリーズをメンバーと一緒に牽引してきたAKIRA。「3年間の月日にドラマや映画、ライブや色々なプロジェクトなど、これだけの大作をやってこれたのはなかなか出来ることではない。その点と点が『FINAL MISSION』として今日を迎えられたこと、本当に奇跡のようなことだと思います」と万感の想いを明かし、「男の絆に感動する映画ってなかなかないと思いますので、幅広い年齢層に楽しんでいただけたらという思いでいっぱいです」と語った。

HiGH&LOW

TAKAHIROは「3年間を通して同じ役を演じるということは、なかなかない経験。多方面から盛り上げてきた『HiGH&LOW』プロジェクト。その中で僕らも輝くことができたので、『HiGH&LOW』という世界観に感謝しています。もっともっと盛り上げていきたい」と笑顔をのぞかせた。

HiGH&LOW

青柳が「(AKIRA扮する)琥珀さんに九十九としてついていくって決めてから3年間。1から作品に関わらせていただけて本当に嬉しいです」と想いを明かすと、AKIRAは「相方が青柳で良かったっすね。3年間ありがとうございました!本当に最高でした!」とアツい絆をのぞかせていた。

黒崎会会長・黒崎君龍を演じる岩城から「3年間一緒にお付き合いしていくうちに、皆さんが役作りというよりも、自分作りをしているようだった。1人1人が考えて役を演じていたし、楽しかったし大変だった想いが込み上げてきて感極まってる」と共演者に言葉が贈られた。

HiGH&LOW

また、RUDE BOYS・タケシ役の佐野は、チームを牽引してきたスモーキー役の窪田正孝の存在に「“みんなを頼む…”っていうセリフがあるんですが、あの一言にすごく説得力があって。『HiGH&LOW』ってそれぞれ組織やグループがあって、その中でもRUDE BOYSは“家族”をテーマにしていて。『みんなを頼む…』っていう一言に、家族とか人を想う愛が詰まっていて、そこに窪田さんの人間性とかも現れているので、僕はそのシーンにグッときましたね」と明かした。

HiGH&LOW

最後にAKIRAは「皆様が『HiGH&LOW』プロジェクトを育ててくださったと言っても過言ではないくらい、本当にたくさんのキャラクター、たくさんのチームが育ちました。本当に感謝しています。この『FINAL MISSION』には歴史が詰まっています!初めて観る方もきっと楽しんでいただけると思います。日本映画界、そして世界に羽ばたけるような映画であってほしい」と語り、イベントを締めくくった。


チームを超えて力を合わせ、悪名高きスカウト集団・DOUBTと監獄からの刺客・プリズンギャングとの“黒白堂駅の闘い”に勝利したSWORD(山王連合会、White Rascals、鬼邪高校、RUDE BOYS、達磨一家)メンバーたち。だが、勝者が決まったかに見えたその場に、九龍グループの善信会を率いる善信吉龍(岸谷五朗)が乗り込んでくる。九龍グループが振りかざす“大人の力”は、想像をはるかに超えて強力だった。琥珀(AKIRA)、九十九(青柳翔)、雨宮雅貴・広斗兄弟(TAKAHIRO・登坂広臣)が、命懸けで公開したUSB内の機密情報によって一度は逮捕された九龍グループ総裁・九世龍心(津川雅彦)は、証拠不十分によりすぐ釈放。打ちのめされた若者たちに追い打ちをかけるかのように、九龍グループ総力を結集した“SWORD壊滅行動”が遂行されていく。

上映時間はこちら

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』は11月11日(土)より全国公開

(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で