「HiGH&LOW」伝説の“雨宮おじさん”柳沢慎吾のマシンガントークにTAKAHIRO×登坂広臣も爆笑!

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』大ヒット舞台挨拶が19日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、TAKAHIRO、登坂広臣、シークレットゲストとして柳沢慎吾が登壇した。

HiGH&LOW

ピンマイクを装着し、客席通路をハイタッチしながら「来てくれてありがとね〜!」と颯爽とステージに上がった柳沢。「HiGH&LOW」シリーズの大ファンで、自称“ゼネラルマネージャー”としてイベントに駆けつけた。

HiGH&LOW

柳沢は「ウチの奥さんが観てて、『すっごい面白い!』って言うから観だしたらハマっちゃって!ハマっちゃったよこれ!!」と興奮しきり。この日が初対面というTAKAHIROと登坂を見て「すごいね!!かっこいい!顔が小さい!」と言い寄り、登坂の肩にズレた赤いライダースジャケットを「ちょっとごめんなさい…ピシッと!舞台挨拶なんだから!」「だんだんズレてきちゃうんだから!びっくりだよ!」と着せ直す一幕も(2度)。その様子にファンは声を上げて笑っていた。

HiGH&LOW

その後も柳沢のマシンガントークは止まらず、「2人が名コンビでいい味出してる!!」「ハリウッド映画みたいな高性能のキャメラ使ってるでしょ!」「僕も出たいね!斎藤工ちゃんが長男でしょ?僕は…四男?」「(TAKAHIRO)伝説の雨宮おじさん役で(笑)」「(登坂)SWORD地区にいるおじさんとか」「(柳沢)え?何?蓄膿症?」などと、TAKAHIROと登坂も柳沢の勢いに「サービス精神の塊(笑)」「笑疲れちゃった(笑)」と終始笑みをこぼしていた。


チームを超えて力を合わせ、悪名高きスカウト集団・DOUBTと監獄からの刺客・プリズンギャングとの“黒白堂駅の闘い”に勝利したSWORD(山王連合会、White Rascals、鬼邪高校、RUDE BOYS、達磨一家)メンバーたち。だが、勝者が決まったかに見えたその場に、九龍グループの善信会を率いる善信吉龍(岸谷五朗)が乗り込んでくる。九龍グループが振りかざす“大人の力”は、想像をはるかに超えて強力だった。琥珀(AKIRA)、九十九(青柳翔)、雨宮雅貴・広斗兄弟(TAKAHIRO・登坂広臣)が、命懸けで公開したUSB内の機密情報によって一度は逮捕された九龍グループ総裁・九世龍心(津川雅彦)は、証拠不十分によりすぐ釈放。打ちのめされた若者たちに追い打ちをかけるかのように、九龍グループ総力を結集した“SWORD壊滅行動”が遂行されていく。

上映時間はこちら

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』は大ヒット公開中

(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で