大槻ケンヂ、仮面ライダー『平ジェネFINAL』出演に「ドッキリかと思った」

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』完成報告会見が24日、都内・丸の内TOEIにて行われ、「仮面ライダービルド」より犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、滝裕可里、水上剣星、「仮面ライダーエグゼイド」より飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、小野塚勇人、黒崎レイナ、甲斐翔真、上堀内佳寿也監督、ゲスト出演の大槻ケンヂが登壇した。

仮面ライダー

出演が発表されるや、特撮ファンの間で大きな話題を呼んだ大槻。会見には、人類消滅計画を企む凶悪な科学者・最上魁星であり、史上最凶の敵であるカイザーを象徴するマスクを装着して登場。オファーを受け「まずは『なんのご冗談を?』と思いました。何かの番組のドッキリかと思いましたね」と明かし、「子供の頃から、それこそ初代『仮面ライダー』を見ている世代なので、光栄かつ恐縮です」と喜びをあらわにした。

仮面ライダー

「仮面ライダービルド」放送開始後の変化を問われると、犬飼は「子供たちの見本になるような行動をしないといけないなっていう自覚が芽生えました。青信号がちょっとでも点滅しだしたら、渡らずに止まるようにしたりとか(笑)そういう視野を常に持つようにしています」とコメント。

仮面ライダー

「仮面ライダーエグゼイド」放送を終えての成長を聞かれた飯島は「1年前は右も左も分からない状態でしたが、いろんな人に支えられて勉強することができました。仮面ライダーとして、頼もしいというかかっこいいというか…ちょっとは成長できたんじゃないかなと思います!」とハニカミ。犬飼ら後輩たちを前に「気合い入れまくって、変身とか一つ一つのシーンにすごい力入れすぎて笑われたりもしましたが(笑)」とこぼすと、上堀内監督は「…(成長)してたと思いますよ」と神妙な面持ちをのぞかせ、笑いを取っていた。

仮面ライダー


仮面ライダービルド/桐生戦兎役の犬飼貴丈、仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢役の飯島寛騎を中心に、仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役の西銘駿、仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰役の佐野岳、仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗役の福士蒼汰、仮面ライダーオーズ/火野映司役の渡部秀、その相棒・アンク役の三浦涼介らレジェントライダーが復活する本作。

人類消滅計画を企む凶悪な科学者・最上魁星であり、史上最凶の敵であるカイザー役に大槻ケンヂ、「仮面ライダーフォーゼ」より、天ノ川学園高校一の情報ツウで仮面ライダー部のOBでもあるJK(ジェイク)役の土屋シオン、元仮面ライダー部の顧問・大杉忠太役の田中卓志、「仮面ライダーゴースト」から大天空寺の元住職代理・御成役の柳喬之が参戦する。

映画仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』は12月9日(土)より全国公開

「ビルド&エグゼイド」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で