『仮面ライダー』飯島寛騎、犬飼貴丈らが選ぶ“ベストマッチ”な共演者は?瀬戸利樹のお茶目な回答も

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』完成披露舞台挨拶が24日、都内・丸の内TOEIにて行われ、「仮面ライダービルド」より犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、滝裕可里、水上剣星、「仮面ライダーエグゼイド」より飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、小野塚勇人、黒崎レイナ、甲斐翔真、上堀内佳寿也監督、ゲスト出演の大槻ケンヂが登壇した。

仮面ライダー

それぞれ「夜は焼肉っしょー!!フッフー!!」(犬飼)、「“ヒロイン”万丈龍我役の…」(赤楚)、「ノーコンテニューでクリアしてやるぜ!!」(飯島)、「今の俺は…負ける気がしねぇ!!」(瀬戸)、「てめぇら…フルボトルをよこせ!」(松本)、「待たせたなぁ…会場のモルモットども!!」(岩永)、「ニチアサのときめきは?(ポッピーにおまかせ!)ニチアサ最後のヒロイン…」(松田)、「約1ヶ月ぶりくらいですかね?この衣装に袖を通して…肩にかけてて袖は通してないんですけど」(小野塚)などなど、決めセリフやファンが喜ぶ掛け合いを見せながら挨拶したキャスト陣。

仮面ライダー

人類消滅計画を企む凶悪な科学者・最上魁星であり、史上最凶の敵であるカイザー役に扮する大槻。演じてみて「このマスクのね、眼球がピカピカ光るんですが、撮影中に自分の眼球に当たってすごく痛かった!」と暴露。出演オファーに「藤岡弘、さんの『仮面ライダー』第1回から見ているので、栄光のライダーの歴史に少しでも名を残せることは非常に嬉しいです」と喜び。戦闘シーンでのアフレコに挑戦してみて「呼吸が苦しくなった(笑)酸欠になる」と笑顔をこぼしていた。

仮面ライダー

イベントでは、映画を通して「一番ベストマッチだった人は?」とのお題が。犬飼は「水上剣星さん!(水上「やめろよ!(笑)」)赤楚より2人でいるシーンが実は多いのかなって思います。プライベートでもよくご飯に連れて行ってくれる。お世話になってます!」と無邪気に回答。水上は「おごってもらいたい時だけこういうこと言います(笑)」と照れ笑いをのぞかせていた。

仮面ライダー

赤楚は「2人で悩んでまして…1人は利樹なんです!」と告白するも、瀬戸は「…俺か!」と驚きの表情。もう1人に松本の名前を挙げ、「前に仕事で一緒になって…仲良いよね?」と話しかけるも、松本も微妙な反応。ベストマッチに自信をなくした赤楚は「やっぱあっちゃんかな!」と犬飼に路線を変更すると、犬飼は「妥協で(こっち)!?」とツッコミ、和気あいあいとした雰囲気に笑いが起こった。

仮面ライダー

一方で飯島は「悩んでるんですが…やっぱ一番しっくりきたのがパラド(甲斐)ですね!」と明かすと、ファンから拍手喝采。唐突に小野塚が「あれ?俺、相棒じゃなかったっけ?」とこぼすと、岩永が「相棒だったけど、ベストマッチではないらしい(笑)」と冷静に場を納めてみせ、笑いをさらっていた。

仮面ライダー

瀬戸は「僕はみんなとベストマッチ!」と豪語すると、キャスト陣は首をかしげ「『みんなとベストマッチ!』って意味がわからない(笑)」と総ツッコミ。瀬戸は「誰でも対応できるボトルだよ!パラドボトルと飛彩ボトル、ベストマッチ!ニコボトルと飛彩ボトル、ベストマッチ!みたいな(笑)」と無邪気な笑顔をのぞかせた。


仮面ライダービルド/桐生戦兎役の犬飼貴丈、仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢役の飯島寛騎を中心に、仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役の西銘駿、仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰役の佐野岳、仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗役の福士蒼汰、仮面ライダーオーズ/火野映司役の渡部秀、その相棒・アンク役の三浦涼介らレジェントライダーが復活する本作。

人類消滅計画を企む凶悪な科学者・最上魁星であり、史上最凶の敵であるカイザー役に大槻ケンヂ、「仮面ライダーフォーゼ」より、天ノ川学園高校一の情報ツウで仮面ライダー部のOBでもあるJK(ジェイク)役の土屋シオン、元仮面ライダー部の顧問・大杉忠太役の田中卓志、「仮面ライダーゴースト」から大天空寺の元住職代理・御成役の柳喬之が参戦する。

映画仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』は12月9日(土)より全国公開

「ビルド&エグゼイド」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で