「ディセンダント3」制作決定、ディズニー映画ヴィランの“子孫”が主人公の人気シリーズ

    ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ディセンダント」第3作目となる「ディセンダント3(仮題)」の制作が決定。2019年夏の全米放送に向けて、今夏より制作に入ることがディズニー・チャンネルより発表された。

    ディセンダント
    (C)Disney

    「ディセンダント」は英語で“子孫”を意味し、ディズニーの人気キャラクターに「もし子孫がいたら?」という斬新なアイデアから生まれたTV映画。前2作同様に、ハリウッドの大物プロデューサー、ケニー・オルテガが監督を務め、ダヴ・キャメロン(マル役)、ソフィア・カーソン(イヴィ役)、キャメロン・ボイス(カルロス役)、ブーブー・スチュワート(ジェイ役)、ミッチェル・ホープ(ベン役)、チャイナ・アン・マックレーン(ウーマ役)などの人気キャストが継続して出演する。

    また、新しい“悪役”のキャラクターとして、マルの父親が出ることが発表された。詳しい追加の出演者の情報は随時発表予定。なお、日本での放送については、決定次第発表される。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で