S・スタローン、『ランボー』新作にカムバック!監督を兼任する可能性も

ベトナム戦争の後遺症に苦しむ帰還兵が孤独な戦い繰り広げるアクション映画『ランボー』。そのシリーズ最新作『ランボー5/Rambo V(原題)』が2019年秋の全米公開を予定し、シルヴェスター・スタローン演じるランボーが再びスクリーンに帰ってくることが明らかになった。

ディヴィッド・マレル原作「一人だけの軍隊」を映画化した『ランボー』(1982年)は、ベトナム戦争から帰還後の戦争後遺症と社会からの孤立に苦しむ男を描いたアクション映画。『ランボー/怒りの脱出』(1985年)『ランボー3/怒りのアフガン』(1988年)と次々にシリーズ化され、2008年に公開された『ランボー/最後の戦場』をもってシリーズに幕を下ろしたと思われていた。

ジョン・ランボー役に復帰するスタローンは現在、脚本の執筆に取り掛かっており、監督も兼任する可能性もあるという。いまだ詳細は明らかになっていないものの、「Deadline」によれば、友人の娘を救出しようとするランボーがメキシコで最も凶暴なカルテルと対峙することになる物語が展開されるという。

「やばいヤツがやってくるぜ」というコメントとともに、第71回カンヌ国際映画祭もお披露目されたポスターを自身のインスタグラムに投稿したスタローン。再びスクリーンに登場し、大暴れする時を心待ちにしたい。

… Something wicked is coming this way!

Sly Stalloneさん(@officialslystallone)がシェアした投稿 –

参考:https://screenrant.com/rambo-5-release-date-2019-title-poster/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で