『キスできる餃子』田村侑久、足立梨花の“口癖”にトホホ「勇翔の方がイケメン」

映画『キスできる餃子』名古屋先行上映舞台挨拶イベントが11日、ミッドランドスクエア シネマにて行われ、BOYS AND MENの田村侑久、勇翔、監督の秦建日子が登壇した。

キスできる餃子

本作は、宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ。足立梨花がシングルマザー・陽子を、BOYS AND MENの田村侑久がイケメンゴルファー・岩原亮を演じる。

名古屋のBOYS AND MENファンの熱気に包まれた満席の会場に登場した田村と勇翔。MCにイケメンプロゴルファー役を演じた感想を聞かれ、会場のファンの中からなぜか笑いが起こり「笑うな!笑うな!イケメンプロゴルファー役の田村侑久です!」と田村。続けて、「いやー、皆僕のことイケメンだと思っていますよね?」と観客に聞くと、会場の数名から“イケメン!”と言われ「おお、少ないな!タムタムファンは僕の事ラブなので“私の田村君がキスしちゃうの?!”という感じですよね」と観客に投げるが、反応がない場面も。

今回のプロゴルファー役が決まった経緯を聞かれ「映画が始まる前にドラマの撮影をやっていまして、クランクアップの日にマネージャーさんから電話がかかってきまして、“映画が決まるかも知れん!”と言われて凄くうれしかったんですけど、マネージャーさんから“事務所的には一回ストップしたんだよ”と言われて、詳しく聞くと今回役柄がイケメンプロゴルファー役だから、事務所的には田村じゃないんだと思うんだよねって言われて、明日勇翔(同じグループのメンバー)を一緒に行かせようと思っているんだよねって、電話で聞きまして、、、、そんなひどいことあるかよって思って」とコメントした。

キスできる餃子

勇翔が「僕も全部事情を聞いていたので、当日複雑な心境でした。タムに申し訳ないな俺が邪魔するのもどうなの、、と思っていて」と明かすと、田村は「おれも、事務所からイケメンじゃないって思われてるんだなぁと、すごい複雑な心境でしたよ。当日行ったら監督に“僕を使った方が良い”と論破して、この役が決まりました。それで、勇翔もせっかく名古屋から来てくれたから梨花ちゃん(足立)の元旦那役で出演することになった感じです」と役柄が決まった経緯を説明。

共演した足立梨花について、田村は「共演させてもらって、すごく明るくてしっかりしていて、現場では“田村しずかにして”という感じのことを言われたりする現場でした。梨花ちゃん(足立)のプロ意識とかもすごくて、ある日僕が演技で悩んだことがあって、その時は梨花ちゃん(足立)に聞いたりしてアドバイスを貰ったりして、色々なことが相談しながらできたので、二人三脚で演技が出来たと思います!でも、梨花ちゃんの口癖は、“あぁ、勇翔だったら良かったのに、勇翔の方がイケメンだしね”でした(笑)」と吐露し、笑いをさらった。

デートシーンについて聞かれてた勇翔は「デートシーンを撮ること自体がほとんど初めてだったので、ドキドキしましたね。衣裳とかも個性的な衣装だったので、監督と相談しながら、衣装を選んでいきました」と明かした。

キスできる餃子

餃子を持って参加した監督に、田村から観客へ「なんか、せっかく名古屋で舞台挨拶をやるので、面白いことがやりたいなぁと思って、ロシアンルーレット餃子をやろうと思って餃子を持って来てもらいました!さらに、ロシアンルーレットをやってハズれを引いてしまった2人は映画のタイトルに掛け、餃子ポッキーゲームを行うことにしました!!」と無茶ぶり。

だが、餃子を食べると監督と田村に激辛の餃子が当たってしまい、覚悟を決めた田村は「監督は、受け身が良いですか?それとも攻めですか?」と質問すると、監督は「攻めで」と即答。餃子を咥えた田村に、監督から勢いよく熱いキスを迫ると、田村は「監督!ポッキーゲーム知ってますか?!焦らして、焦らしてなのに、思いっきり来るから!」とタジタジな様子だった。

 

映画『キスできる餃子』は6月22日(金)より全国公開/6月15日(金)より栃木県先行公開

©2018「キスできる餃子」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

キスできる餃子

キスできる餃子

3.2
2018/6/22 (金) 公開
出演
足立梨花/田村侑久(BOYS AND MEN)/佐野ひなこ/中島広稀/古川凛/大石吾朗/佐藤美希/勇翔(BOYS AND MEN) ほか
監督
秦建日子