『ハン・ソロ』オールデン・エアエンライク、初のミレニアム・ファルコン搭乗に感激「最高の気分だった!」

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ジャパンプレミアが12日、都内・六本木ヒルズアリーナにて行われ、来日ゲストのオールデン・エアエンライク、チューバッカ、ロン・ハワード監督、日本人ゲストの及川光博、野口聡一(JAXA宇宙飛行士)、お笑いコンビ・ミキの昴生と亜生が登壇した。

ハン・ソロ

約1時間に及び、丁寧にファンサービスをしながらレッドカーペットを楽しんだオールデン。ファンの熱烈な歓迎に「日本にずっと来たかったから、こうして実現できて嬉しいよ!温かい歓迎をありがとう!コスプレも素晴らしいね!」とハニカミ。チューバッカのコメントを、「日本に来ることができてとても嬉しいよ!あそこのチューイにも挨拶したいな」とオールデンが通訳してみせるなど、会場のボルテージは一気に最高潮に。

ハン・ソロ

ロン監督は、本作の魅力を聞かれると「ハン・ソロの逆説的なところが好きなんだ。だからこそ彼は人間的だしユーモアがある」と明かす。ハリソン・フォードの名を掲げ「ハリソンとハン・ソロのスピリットについて話したよ。秘密を2つ教えてくれたんだけど、1つは『自信がいつもあるわけではない。それでも自信のあるフリをするんだ』ということ。もう1つは、ハリソン自身がハン・ソロを演じるずっと前に、ジョージ・ルーカスがこのキャラクターを生んだこと。『オールデンが自分のハン・ソロを演じられるように背中を押してあげてほしい』と言われたよ」と述懐した。

ハン・ソロ

オールデンは「愛してやまない資質が彼にはある。子供の頃、彼のカウボーイ的な威勢の良さが好きだった。ロサンゼルスでインタビューを受けている最中に、背後から急に彼が現れたんだ。演じてみて、彼の人間味あふれるところが好きになった。監督も言っていたように、逆説的なところも魅力だよね。温かい言葉をくれた。携わったみんなにとって重要な意味を持つ言葉になった。とてと気に入ってくれて良かったよ。光栄に思う」とエピソードを明かした。

ハン・ソロ

各界を代表する「スター・ウォーズ」ファンの著名人5人がカメオ声優として出演する本作(日本語吹替版)。筋金入りの「スター・ウォーズ」ファンである及川は、オールデンに「初めてミレニアム・ファルコンのコックピットに座った時の気持ちは?」と質問。オールデンは「最高の気分だったよ!とにかく素晴らしい宇宙船で、あの撮影をした時は本当に楽しかったね!」と笑みをこぼした。

ハン・ソロ

さらに、及川はオールデンとロン監督に対し、ハン・ソロを除く好きなキャラクターを聞くと「ヨーダ」「チューバッカ」との回答が飛び出し、及川は「まだまだ聞きたい!」と興奮しきりだった。

最後にオールデンは、『エピソード5/帝国の逆襲』でのハン・ソロとレイア・オーガナの名シーンにちなみ、「“ニッポン大好き!”(オールデン)、“I know”(ファン)」と合唱してみせ、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は6月29日(金)より日本公開

© 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

0.0
2018/6/29(金) 公開
出演
オールデン・エアエンライク/ウッディ・ハレルソン/エミリア・クラーク/ドナルド・グローヴァー ほか
監督
ロン・ハワード