『ウタモノガタリ』TAKAHIRO、塚本晋也から“予想以上に強い拳”受ける

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』公開記念舞台挨拶が24日、都内・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、TAKAHIRO、夏帆、塚本晋也、松永大司監督が登壇した。

ウタモノガタリ

MCから、今作の主人公である亮を演じた感想を聞かれたTAKAHIROは「今回、長回しのシーンがあったんですが、ここまで台詞が少ない役というのは初めてで、そういった場面での表現方法など考えながら挑戦させていただきました。とてもプレッシャーも感じましたが、監督やキャストのみなさんに助けられて演じさせていただきました」とコメント。

ウタモノガタリ

また、夏帆、塚本という豪華な共演者との撮影について、TAKAHIROは「塚本さんには殴られるシーンで、事前に『本気でお願いします!』とリクエストしていたのですが、思っていた以上に重いものが来ました(笑)」と予想以上に強い拳だったと暴露すると、塚本は「監督が後ろから本当に殴れ殴れ!って言うから(笑)」と撮影中のこちらも秘話を明かし、会場からは笑いが起こった。

ウタモノガタリ

亮の恋人である楓(かえで)役を演じた夏帆は「今回、全く台詞がなくて、ショートフィルムという短い作品の中でどういう立ち位置でいればいいのか非常に悩んだのですが、撮影に入る前にエチュードを行ったことで、作品の中でTAKAHIROさんとの関係性を知る時間をいただけたので、こういう風に役を作っていくことができるんだと知ることができ、非常にいい経験ができました」と述べた。

夏帆演じる楓(かえで)の父・巌(いわお)役を演じた塚本は「普段、エチュードをやることはまれなのですが、今回行ったことで、みんなと関係性を築くことができ、そのまま撮影に臨むことができ、いい時間を共有できました。撮影前に監督の想いもしっかりと聞けて、いい作品にしなくてはと感じました」と、熱い思いを語った。

ウタモノガタリ

「CINEMA FIGHTERS project」というこれまでにない楽曲と映像の新たなコラボレーションプロジェクトについて、TAKAHIROは「普段はレコーディングしてリリースする、というのが基本ですが、今回、楽曲からインスパイアされた映画が生まれ、しかもその楽曲は劇場でしか聴けない。これまでにない新たなエンターテインメントが生まれたと感じています」と手応えを語った。

松永監督は「こういう作品の作り方をしたのは初めてだったので、非常に難しかったです。でも思ったよりもTAKAHIROさんがしっかりと歌ってくれていて…」と述べると、 TAKAHIROはすかさず「一応歌手なので!(笑)」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘った。

監督業もこなす共演者の塚本との共演ということで、「今後ご自身で作品を撮ってみたいという気持ちはありますか?」と聞かれると、TAKAHIROは「いえ、まだまだ!役者としてもっともっと学びたいことがたくさんあります。ただ、表現者としてはいつかそういった形でアウトプットできるといいなと思ってます」と、今後の展望を語った。

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』は全国公開中

©2018 CINEMA FIGHTERS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-

3.1
2018/6/22 (金) 公開
出演
『カナリア』TAKAHIRO/塚本晋也/夏帆『ファンキー』岩田剛典/麻生久美子/池松壮亮『アエイオウ』白濱亜嵐/木下あかり/奥田瑛二『Kuu』石井杏奈/山口乃々華/坂東希『Our Birthday』青柳翔/佐津川愛美/芦名星『幻光の果て』山下健二郎/加藤雅也/中村映里子 ほか
監督
松永大司/石井裕也/安藤桃子/平林勇/Yuki Saito/岸本司 ほか