『BLEACH』[ALEXANDROS]が歌う主題歌とコラボした特別映像、初お披露目となるバトルシーン満載

久保帯人原作の同名コミックスを、福士蒼汰主演で実写映画化した映画『BLEACH』より、[ALEXANDROS]による主題歌「Mosquito Bite」特別映像が解禁となった。

BLEACH

[ALEXANDROS]は、本作の主題歌「Mosquito Bite」(7月18日発売予定)と挿入歌「MILK」の2曲を提供している。映像は、主題歌「Mosquito Bite」のロック調のアップテンポなビートに乗せて、スタイリッシュなオープニングから始まる。高校生・黒崎一護(福士蒼汰)が死神代行として熱く生きる様、愛する者を護るため次々と迫る最凶・最悪の強敵たちとのノンストップ超高速バトルを繰り広げる。

[ALEXANDROS]と映画『BLEACH』の出会いは運命的だった。[ALEXANDROS]は未完成の本編鑑賞後、佐藤信介監督との打ち合わせで「イメージに合う楽曲がある」と、その場で川上洋平の携帯に入っていたデモ音源を佐藤監督と一緒に聴き、まだ完成前の「MILK」を披露。主題歌が出来上がる前に挿入歌が決定し、その後監督のイマジネーションと合致した主題歌も完成。幾度となくやり取りを繰り返して仕上がった2つの楽曲は、エンドロールだけではなく本編に併せて流れるなど通常の主題歌&挿入歌を越えた、究極のコラボレーションが実現した。

[ALEXANDROS]ボーカル・ギターの川上洋平は、楽曲制作について「“へこたれねえぞ”っていう感情が上手くマッチしたんです。タイトルの『Mosquito Bite』は最初に浮かんでいたのですが、お前の攻撃なんて蚊に刺されたくらいだぜって、いう意味もあります。NYへ武者修行的に曲を作りに行った時の、へこたれないための自分たちの主題歌でもありました。[ALEXAMDROS]にとっても成長を表す楽曲で、ここからいろんなものがスタートしていくんじゃないかなという一曲になりました」と、普通の高校生活から一遍、悪霊・虚<ホロウ>や死神たちとの壮絶な戦いへと巻き込まれていく姿が自身の姿に重なったことを明かしている。

映画『BLEACH』は7月20日(金)より全国公開

©久保帯人/集英社 ©2018映画「BLEACH」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

BLEACH

BLEACH

3.8
2018/7/20(金) 公開
出演
福士蒼汰/杉咲花/吉沢亮/真野恵里菜/小柳友/田辺誠一/早乙女太一/MIYAVI/長澤まさみ/江口洋介 ほか
監督
監督:佐藤信介/原作:久保帯人