『ジュラシック・ワールド』クリス・プラットら来日、見どころや日本語吹替版キャストの活躍をアピール

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミアが都内・六本木ヒルズアリーナにて行われ、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ(監督)、コリン・トレボロウ(製作総指揮)、日本語吹替版キャストの玉木宏、木村佳乃、満島真之介、石川由依、住田萌乃が参加した。

ジュラシック・ワールド

会場に着き、早々にピースサインやハートマークを作ってファンの大歓声に応えたクリス・プラット。サインや写真撮影に快く応じるなどファンサービスを行った後、ステージに立ち「コンニチハ、トウキョー!」と日本語で挨拶。プロモーションツアーを締めくくる最終地となった日本に来日し、「素晴らしいみんなのために、この国を最後に取っておいたんだ!」とハニカミ、会場を沸かせた。

ジュラシック・ワールド

そんなクリス扮するオーウェン役の吹替を担当した玉木は、「こうして同じ舞台に立てることが光栄です。とてもフランクに話していただいて、本当に素晴らしい方々だなと思いました」と来日キャストの印象を明かした。

ジュラシック・ワールド

本作の見どころを聞かれると、クリスは「まずは、隣にいる豪華な方々による日本語吹替版を楽しんで!」と日本語吹替版キャストの活躍をアピールし、「今回は2つのスリリングなことがあるんだ。恐竜だけではなく、火山の噴火など自然災害も加わるからね。監督のJ・A・バヨナが本当に素晴らしい映像に仕上げてくれているから、負けないように一生懸命演じたよ」とコメント。ブライスも「同感よ!」と笑みをこぼしていた。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は7月13日(金)より全国公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ジュラシック・ワールド/炎の王国

ジュラシック・ワールド/炎の王国

4.1
2018/7/13 (金) 公開
出演
クリス・プラット/ブライス・ダラス・ハワード/B・D・ウォン/ジェームズ・クロムウェル/テッド・レヴィン/ジャスティス・スミス/ジェラルディン・チャップリン/ダニエラ・ピネダ/トビー・ジョーンズ/レイフ・スポール/ジェフ・ゴールドブラム ほか (日本語吹き替え)玉木宏/木村佳乃/満島真之介/石川由依/住田萌乃/大塚芳忠 ほか
監督
J・A・バヨナ