『劇場版コード・ブルー』監督とプロデューサーが新情報明かす、山下智久が白石役の予定だったキャスティング秘話も

劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』コード・ブルーアワード発表イベントが4日、都内・フジテレビマルチシアターにて行われ、監督の西浦正記、プロデューサーの増本淳が劇場版の出来に自信をのぞかせた。

コード・ブルー
(左から)武矢けいゆう(外科医)、増本淳プロデューサー、西浦正記監督、久代梨奈(NMB48)、むらせ(お笑い芸人)

キャラクター設定とキャスティングについてファンから質問を受けたプロデューサーの増本は、取材したドクターからインスピレーションを得てキャラクター像を作り上げていったと話し、山下智久が白石(演:新垣結衣)を演じる予定だったことを明かした。

増本プロデューサーは「あの5人はどの人にも共感できるところがあると思います。配役に関しては、山下くんに本当なら白石役をお願いしたかった」と話し、「割と現代的な、線の細い役を演じていることが多かったので、自分が作った5人の中では白石だろうなと。でも、実際に山下くんに会ったら、ムキムキして少し陰のあるような方だった。白石より藍沢をやってほしいと、ひょっとしたら嫌われ者になってしまうかもしれないけど、藍沢をやってほしいとお願いしました」とキャスティング秘話を明かした。

コード・ブルー
(左から)武矢けいゆう(外科医)、増本淳プロデューサー、西浦正記監督、久代梨奈(NMB48)、むらせ(お笑い芸人)

劇場版について、増本プロデューサーは「ドラマ最終回を映画で超えられるか。皆さん相当期待してくださっているかと思いますが、大丈夫です!自信を持ってお贈りします!」と自信をのぞかせる。続けて、「128分全部見どころ満載です。飽きさせずに観せる自信があります!最後のエンドロールが特別版になっています。全ての予想を裏切るような、今までと全く違うエンドロールになっています!」と明かし、会場を沸かせた。

「成田空港・海ほたるで連続爆破事故が発生」「藍沢たち5人の旅立ち」と、ストーリーの一片が明かされている本作。西浦監督は「1st Seasonから出ている…“フェローじゃなかった人”が出てる」と発表した。

映画公式ホームページで実施された「コード・ブルーアワード」。イベントには、監督の西浦正記をはじめ、プロデューサーの増本淳、武矢けいゆう(外科医)、久代梨奈(NMB48)、むらせ(お笑い芸人)が出席し、TVシリーズ計3シーズン、計33話の中から最も泣けた放送回、最も感動したセリフなどが発表された。詳しくはこちら(https://eigaland.com/topics/?p=80006)まで。

劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』は7月27日(金)より全国公開

【CREDIT】
出演:山下智久 新垣結衣 戸田恵梨香 比嘉愛未 浅利陽介 有岡大貴 成田凌 新木優子 馬場ふみか 安藤政信 椎名桔平
監督:西浦正記

©2018「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

4.8
2018/7/27 (金) 公開
出演
山下智久/新垣結衣/戸田恵梨香/比嘉愛未/浅利陽介/有岡大貴/成田凌/新木優子/馬場ふみか/安藤政信/椎名桔平/新田真剣佑/かたせ梨乃/山谷花純/丸山智己/杉本哲太 ほか
監督
西浦正記