『虹色デイズ』吉川愛×恒松祐里インタビュー|“男子の青春”を女子目線で語る、撮影現場の裏話も満載!

虹色デイズ
(左から)恒松祐里、吉川愛

佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星がカルテット主演を務める映画『虹色デイズ』は、性格も趣味もバラバラで、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生4人組の【友情】と【恋】を描く青春ストーリー。監督を『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』の飯塚健が務める。

映画ランドNEWSでは、イケメン男子高校生4人組の青春を彩る女子高生で、佐野玲於扮する“なっちゃん”から好意を寄せられる“杏奈”役の吉川愛、中川大志演じる“まっつん”といがみ合いながらも関係を築いていく“まり”役の恒松祐里に、作品の魅力や撮影現場での裏話を語ってもらった。

──原作はご存知でしたか?

虹色デイズ
(左から)恒松祐里、吉川愛

吉川恒松:知ってました!

吉川:私はアニメを見ていました。

恒松:私はオーディションに行く前に、全巻読みました。

──脚本を読んで、それぞれの役を受けての印象を教えてください。

吉川:私は今までクールな役が多かったので、杏奈はちょっと大人しくて、ちょっと天然な女の子なので“私にできるかなー?”と不安に思ったり。真顔になると少しキツめな印象になってしまうところがあって、杏奈は口数が少ないので、真顔になるシーンが多かったので、キツめにならないようにしなきゃと思いました。

恒松:私の役は、脚本をいただいた時にやっぱり難しい役だなと思いましたし、男嫌いで杏奈が好きっていう。そういう役柄をどう演じればいいんだろうって思いました。私自身、性格は明るい方で結構誰とでも話せる方なんですけど、彼女は結構人見知りだし、孤独であまり人と関わるのが得意ではない女の子だったので、真逆の性格の役をどう演じたら良いのかなって思っていました。

──役づくりについて飯塚監督とはお話されたりしましたか?

虹色デイズ

吉川:しました。“杏奈すぎない、私らしい杏奈を演じて”と言われました。

恒松:私は内面的にシリアスなことが多かったんですけど、本人は怒っていても、見ている人から“面白おかしく見えるような怒り方を研究して”って言われて、目を見開いて怒ったりとか、「フーン?」っていうセリフを「ハァーン?」にしたりとか(笑)。そういうニュアンスとかで、所々で面白くできるポイントがたくさんあったので、そこを研究して欲しいと言われましたね。

──その要素、すごく出てましたね!(笑)。それが役の良さに繋がっていた気がして、どんどん観て行くうちに愛すべきキャラになっていきました。

恒松:この役は“いろんな顔があった方がおいしいよ”って監督から言われたので、それをどうやってやろうか考えながらやっていました。

──今作にはそれぞれ魅力の異なる4人の男の子が登場していますが、お2人はどの人と“一番合うな”って思いましたか?

虹色デイズ

吉川:私は恵ちゃん(横浜流星)かな!ん~まっつん(中川大志)かな~?

恒松:撮影の時から、女性スタッフの中で「4人の中だと誰推しか」っていうのが話題になってたんですよ(笑)。私はその時からもう恵ちゃん(横浜流星)推しで。

吉川:一緒だ!私も最初は恵ちゃん(横浜流星)推しだった(笑)。

恒松:なっちゃん(佐野玲於)はピュアすぎるし、まっつん(中川大志)はチャラすぎるし、つよぽん(高杉真宙)は話が合うか自信がない(笑)。っていうので、一番無難な恵ちゃん(横浜流星)かなって(笑)。原作だと結構ドSキャラすぎるんですけど、映画だとマイルドになっているので、一番話しやすいのは恵ちゃん(横浜流星)かなーって。

──現場の雰囲気は和気あいあいとしていましたか?

虹色デイズ
(左から)恒松祐里、吉川愛

吉川:明るかったです!

恒松:男の子の芝居を見学していたんですけど、面白くて(笑)。4人の掛け合いがこの映画の肝でもあると思うんですけど、現場で見てると生で伝わってくるものがたくさんあって。

吉川:面白かったね~!

恒松:本読みのときから面白かったんですけど、どんどんどんどん4人のお芝居がぶつかり合って膨らんでいくのが生で見られて良かったです。

──その場で生まれていったものも多かったですか?

吉川:たくさんあったと思います。誕生日のシーンとかも楽しみながらやりましたし、撮影していくうちに、どんどん絆が深まっていった気がします。

恒松:アドリブっぽいシーンとかあるじゃないですか?あれは本当にアドリブで(笑)。その場でどんどんみんなで作っていったものが多いと思いますね。私のところで言うと、中川さん演じる“まっつん”が、駆け寄って来て「ちょちょちょ、まりちゃん!」みたいな。「ちょちょちょ」って言うのがあるじゃないですか。それを陰で見てた、つよぽん(高杉真宙)と恵ちゃん(横浜流星)が真似するところとかはアドリブだったりとか(笑)。そういう面白い要素がたくさん散りばめられてる映画だなって思います。

──そうだったんですね(笑)。そういう部分も、作品を観ていて空気感が伝わってきたので、高校時代を懐かしく感じてしまう部分がたくさんありました。お2人はどんな高校時代を過ごしましたか?

虹色デイズ

恒松:私は灰色な日々を過ごしてましたね(笑)。

吉川:(笑)。灰色なの?(笑)。

恒松:うん、あんまり記憶が無いですね…普通の高校時代を…(笑)。

吉川:私は通信制だったので、そんなに学校には行ってなかったんですけど。友達に会う時間も少なかったし。でも、みんなでやる球技大会とかすごく楽しかったなって思います。あの頃は球技が苦手なので、「え~、球技大会?」みたいな感じだったんですけど(笑)。今考えれば、良い思い出だったなって思います。

恒松:修学旅行が楽しかったですね!みんなでラーメン屋巡りしたりとか(笑)。この作品は虹色ですごくキラキラしてるんですけど、それに比べたら私の学校生活なんて特に何も無くて、色も何も無かった気がするんですよね(笑)。こういう撮影現場で青春ものをやった時が、その1ヶ月間が凄く濃厚で楽しかったりするので、撮影現場の方がすごくキラキラしてますね。

吉川:私も(笑)。

恒松:現場の方が青春してるって感じです(笑)。

吉川:だから、今回も青春をたくさん味わえました(笑)。お祭りだったり、文化祭だったり。

恒松:文化祭のシーンはすごい面白かったです。

──今回すべて青春に必要な行事が入ってましたよね。帰り道とかのちょっと切ないシーンとかも。

恒松:観たい胸キュンポイントというか、王道なキラキラポイントが面白おかしく詰まっている映画なのかなと。

──男の子の友情をみて、女の子とは“ちょっと違う”と感じた部分はありましたか?

虹色デイズ
(左から)恒松祐里、吉川愛

吉川恒松:ありますね~!

恒松:ノリが違う!

吉川:あと、話すことも違う!

恒松:男子はやっぱりバカなこととか、盛り上がったりとか、よくわかんないことでケンカしたりとか、はしゃいだりとかしてるじゃないですか。それがすごい本作に現れてて、実際の高校生活でもよく目にする光景だったので、“リアルなのかな”ってすごく思いましたね。それを、女子が遠目から“男子ってバカ”みたいな感じで見てる(笑)。

──本人たちはケンカとかも本気なんですけど、傍から見ると「えっ?そこでそんなに怒るんだ?」みたいなことってありますよね(笑)。

吉川:“そこかい~!”みたいな(笑)。

──お2人が特に好きなシーンはありますか?

恒松:自分以外のシーンだと、ゆきりん(堀田真由)が私を探している時に、子供連れの夫婦が歩いてくるシーンがあるんですけど、ゆきりん(堀田真由)がその人たちを見てる表情がすごく好きなんですよ(笑)。

吉川:具体的!(笑)。

恒松:つよぽん(高杉真宙)とまた離ればなれになってしまうかもしれないけど、この2人は本当に強い絆で結ばれてるから、子供連れを見てる時のシーンが私のオススメポイントです!自分のシーンだと、まっつん(中川大志)とのトイレで会った時のシーンの、最後の追い掛けっこがすごく好きです。やっと自然な笑みが出せて。

──ずっと堪えてた感じありますよね(笑)。笑いたいけど笑えないみたいな。

吉川:可愛かったよ~!

恒松:ありがとっ!(笑)。はいっ!オススメシーンは?(笑)。

吉川:私はやっぱり一番最後のなっちゃん(佐野玲於)と杏奈の掛け合いのシーンです。一番好きだし、一番見てもらいたいところだなって思います。なっちゃん(佐野玲於)がちゃんと想いを伝えることも、杏奈の気持ちも全部わかるシーンなので、撮影するのもすごく大変で。

──あのシーン、すごかったですよね。

吉川:すごく大変だったんですけど、後から見たら本当に映像もキレイで、すごい良いシーンだなって思って。一番好きなシーンです。

──毎回なっちゃん(佐野玲於)と会う、駅のホームから見える坂のシーンも良いなって思いました。

恒松:あれ可愛い!

吉川:徐々に手の振りが強くなっていくって言うのがあって。最初はこれくらいだったんですけど、少しずつ大きく振るようになって、心が開いていくっていう。

──『虹色デイズ』と一緒に観ると、より青春を感じられる作品ってありますか?

虹色デイズ
(左から)恒松祐里、吉川愛

恒松:韓国映画の『サニー 永遠の仲間たち』とか?大人の方には『虹色デイズ』をまず観て、懐かしんでいただいて、『サニー 永遠の仲間たち』を観てまた懐かしんでいただく、みたいな!

吉川:やっぱあれじゃない?『ハイスクール・ミュージカル』じゃない?

恒松:それや!それやそれや!私ザック・エフロン大好きで!

吉川:ザック・エフロンだよね!好き!

恒松:こないだ『グレイテスト・ショーマン』を観たんですけど、はじめて映画館でザック・エフロンのキスシーンを観て、めっちゃときめいちゃった!映画館でキスシーンを観てときめいたのはじめて。ザック・エフロンが本当に大好きなんですよね。『ヘアスプレー』の「I,m…link」で、一緒に「キャーーー!」ってやってた人だもん(笑)。

吉川愛×恒松祐里 サイン入りチェキを1名様にプレゼント!

虹色デイズ
吉川愛×恒松祐里サイン入りチェキ

【応募期間】2018年7月5日(木)〜2018年7月13日(金)正午まで
【当選人数】1名様
【応募方法】映画ランドアプリをダウンロード→該当するSNS投稿を拡散→応募フォーム入力

映画『虹色デイズ』は7月6日(金)より全国公開

(C)2018『虹色デイズ』製作委員会 (C)水野美波/集英社

取材:矢部紗耶香/撮影:小宮駿貴

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

虹色デイズ

虹色デイズ

4.6
2018/7/06(金) 公開
出演
佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)/中川大志/高杉真宙/横浜流星 ほか
監督
飯塚健