SF漫画「銃夢」ハリウッド実写版の予告解禁、公開日は12月21日に決定

木城ゆきと原作のSF漫画「銃夢」をハリウッドで実写映画化した『アリータ:バトル・エンジェル』の公開日が12月21日(金)に決定。本作の新たな予告編が解禁となった。

アリータ

舞台は数百年先の未来。<アイアン・シティ>のスクラップの山の中で意識を失った状態で発見されたサイボーグの少女アリタ(ローサ・サラザール)はサイバー・ドクターのイド(クリストフ・ヴァルツ)によって助け出される。目を覚ましたアリタだが自分の過去も、自分がいる世界についての記憶も一切ない。ある時自分が持つ並外れた戦闘能力に気付き、自らの出生の秘密を見つけようと決意する。

主人公アリータ役のローサ・サラザールをはじめ、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリらが出演。脚本・製作を『ターミネーター』『アバター』なので知られるジェームズ・キャメロンが担当し、監督は『シン・シティ』『スパイ・キッズ』のロバート・ロドリゲスが務める。

原作漫画をリスペクトする製作陣のこだわりにより、アリータは全てモーション・キャプチャーによるCGで製作された。サラザールは「作品に出演しているとモーション・キャプチャーであることを忘れてしまうように、アリータはたまたまサイバネティック製の体を持ち、ひどく忘れられない過去を持っているというだけなの。アリータは普通の女の子よ。私と同じで様々な感情がある。サイバネティックでの部分以外は共感できるわ」と、その感情移入できるキャラクターについても明かしている。

映画『アリータ:バトル・エンジェル』は12月21日(金)より全国公開

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

アリータ:バトル・エンジェル

アリータ:バトル・エンジェル

0.0
2019/2/22(金) 公開
出演
ローサ・サラザール/クリストフ・ヴァルツ/ジェニファー・コネリー/マハーシャラ・アリ ほか
監督
ロバート・ロドリゲス