『検察側の罪人』木村拓哉、二宮和也に“絶大な信頼”寄せる「本当に頼り甲斐のある後輩」

映画『検察側の罪人』完成披露試写会が6日、都内・東京国際フォーラムにて行われ、キャストの木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真、芦名星、監督の原田眞人が登壇した。

検察側の罪人

木村、二宮の両者がステージ中央を二分した赤/白のカーペットを歩きながら華々しく登場。会場に集まったファン4,000人の大歓声に包まれる中、二宮との初共演に木村は「皆さんの前でなくても、カメラがなくても、どこでも胸を張って言えることなんですが、これほど一緒に作業をしていて、信頼できる共演者は珍しい。本当に頼り甲斐のある後輩だなと思います」と太鼓判を押す。

検察側の罪人

木村に肩を組まれ満面の笑みでピースした二宮は「良い人生ですよね…本当に!」としみじみ。続けて、「立ち位置もスタイルも変えずに、ずーっとトップで走り続けてきた“木村拓哉”という人と一度一緒に作品を作りたいとずっと思っていた。(共演できたことだけでも)本当に恵まれているのに、こういう言葉をいただけて…感謝っす!」と喜びを噛み締めていた。

また、原田組初参加に木村は「(オファーを受けて)監督の作った作品を“観てみたい”という気持ちになり、『日本のいちばん長い日』を観たんですが、直後に『この映画を作る監督の現場に自分が行くことになる』その事実を、自分の体がどう反応したのか、すごく腹が痛くなって…(笑)いろんなイメージをした状態でお会いしたんですが、頭でっかちな部分を全て削り取ってくださって、一緒になって楽しめる状況を作ってくださったので感謝しています」とコメント。

原田監督は「素晴らしいです。経験値もすごいし引き出しもすごくある。よく脚本を読み込んでいる。彼のナチュラルな芝居がすごく好き」と絶賛していた。

二宮と『GANTZ』以来の共演となった吉高は、「玄野くんの次は沖野くんでした!」と会場を沸かせる。そんな天真爛漫な吉高の現場での振る舞いに、二宮は「事故ってしまうので、なるべく(真正面ではなく)下で構えながら対応しています」と振り返る。

だが、吉高は木村を“拓ちゃん”と呼んでいたようで、二宮は「初手の初手で“拓ちゃん”って」と言及。「“拓ちゃん”って言ってみた後、怒るかなと思った」という吉高に対し、木村は「怒ってないよ!ニノはすごく自分のことを気を遣ってくれて(小声で)『そういう言い方はやめなさい!!』って(笑)常に言ってましたね」とエピソードを明かした。


法で裁けない罪人は、罰を免れ赦されるのか。雫井脩介が2013年に発表した同名小説を原作とする本作は、都内で発生した強盗殺人の被疑者「過去の未解決殺人の重要参考人」の捜査方針を巡って、2人の検事の対立を描くサスペンス・エンタテイメント。

エリート検事・最上役に木村拓哉、若き検事・沖野役に二宮和也が扮するほか、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂役の吉高由里子をはじめ、松重豊、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、山﨑努、音尾琢真、矢島健一、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜らが共演する。監督を『日本のいちばん長い日』『駆込み女と駆出し男』『関ヶ原』などで知られる原田眞人が務める。

映画『検察側の罪人』は8月24日(金)より全国東宝系にて公開

©2018 TOHO/JStorm

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

検察側の罪人

検察側の罪人

3.9
2018/08/24(金) 公開
出演
木村拓哉/二宮和也/吉高由里子/平岳大/八嶋智人/大倉孝二/矢島健一/音尾琢真/キムラ緑子/芦名星/山崎紘菜/松重豊/山﨑努 ほか
監督
原田眞人