趣里×菅田将暉『生きてるだけで、愛。』第26回レインダンス映画祭コンペ部門への出品が決定

本谷有希子の同名原作を、趣里主演で映画化した『生きてるだけで、愛。』が11月9日(金)に公開される。この度、本作のレインダンス映画祭への出品が決定し、新たな場面写真が解禁となった。

生きてるだけで、愛。

本作は、どうしようもない寂しさを抱え、自分をコントロールできない女・寧子と、他人と距離を置き本音で向き合おうとしない男・津奈木の2人を中心とした、過激で滑稽、そして切実な愛の物語。

主人公・寧子役に趣里、寧子の恋人・津奈木役に菅田将暉が扮するほか、津奈木の元恋人で寧子に津奈木と別れるよう執拗に迫る安堂役の仲里依紗に加え、田中哲司、西田尚美、織田梨沙、松重豊、石橋静河らが共演する。監督を、TOYOTA、資生堂といった企業CMや、AKB48やMr.ChildrenなどのMVなどを手掛けてきた映像ディレクター・関根光才が務める。

生きてるだけで、愛。

この度、イギリス・ロンドンで開催される第26回レインダンス映画祭【現地時間:9月26日~10月7日】のコンペティション部門への出品が決定。同映画祭での上映が、ワールドプレミアとなる。

かつて同映画祭にて初監督作となる短編映画での受賞歴を持つ関根監督は、長編初監督作となる本作の出品について、「私の監督としての人生のスタートを形成してくれた映画祭でもあり、長編初監督作品が出品されることにはものすごい感慨をひとり感じております。」と並々ならぬ思いを語っており、コンペティション部門の結果に期待がかかる。

生きてるだけで、愛。

また、新たに解禁となった場面写真は、趣里演じる寧子が、菅田将暉演じる恋人・津奈木と同棲中の部屋で物思いにふけるシーンのカット。自分という存在を誰かに分かってほしいと願う、不器用かつ繊細なヒロインを全身全霊で演じる趣里にも、注目が集まる。

映画『生きてるだけで、愛。』は11月9日(金)より全国公開

(C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。

4.1
2018/11/09(金) 公開
出演
趣里/菅田将暉/田中哲司/西田尚美/松重豊/石橋静河/織田梨沙/仲里依紗 ほか
監督
関根光才